故岩田 聡氏の遺したもの

岩田氏の図

企画の端々に、岩田氏の意志が感じられます(イラスト 橋本モチチ)

Pokémon GOは、現実世界でポケモンを探す仕組み、Ingressを作ったNianticによる開発と発売、歩きスマホ対策をしつつ本物のモンスターボールのような楽しさがある「Pokémon GO Plus」、一部の人から高額の課金を狙うのではなく、広く薄く多くの人に課金をするスタイル、などなど、ゲーム業界的には非常に注目するべきところの多いタイトルです。

また、本編のポケモンを開発しているゲームフリークの増田 順一氏も参加、世界観の構築やゲームデザイン、音楽などについて関わっているということです。発表会では、増田氏から次回のポケモン完全新作との連動も考えている、との発言もあり、こちらの展開も見逃せません。

Pokémon GOは過去2年に渡り、任天堂の社長だった故岩田 聡氏が関わってきたプロジェクトであると明かされています。発表会では、岩田氏と一緒に発表したかったとの思いが告げられ、マリオの生みの親である宮本茂氏は、岩田氏の進めてきた「ゲーム人口の拡大」を現実のものにするゲームであると、語りました。

発表会で初公開されたPokémon GOのプロモーションムービーには、みんながポケモンを探して外に飛び出し、対戦や交換で交流している姿がありました。お父さんはスマートフォンで、そして娘は服にPokémon GO Plusをつけて一緒にポケモンを探す様子も。

世界中のゲーマーが、そしてこれまでゲームをしてこなかった人たちも、みんなが外に出て、友達や家族と、新しい形でゲームを通して楽しい時間を過ごせるようになったとすれば、天国の岩田氏もあのニッコリとした笑顔で微笑むかもしれませんね。

Pokémon GOは2016年リリース予定。ポケモン20周年の年、あなたのすぐそばにも、ピカチュウがやってくるかもしれません。

【関連記事】
たくさんのありがとう 任天堂 岩田聡社長死去(AllAboutゲーム業界ニュース)
ケンタウロスの脚とゲームの戦略(AllAboutゲーム業界ニュース)
ゲーム専用機がスマートフォンに奪われたもの(AllAboutゲーム業界ニュース)

【関連サイト】
田下広夢の記事にはできない。(ゲーム業界ニュースガイド個人運営サイト)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。