彼は特別な人でした

岩田氏の図

任天堂のカンファレンスなどでプレゼンテーションする様子は、ゲームファンにはおなじみの人でした(イラスト 橋本モチチ)

日本中の、そして世界中の任天堂ファンにとって、あるいは多くのゲームファンにとって、そしてゲーム業界人にとって、彼は特別な、本当に特別な人でした。任天堂の代表取締役社長 岩田聡氏が、2015年7月11日、胆管腫瘍の為に死去しました。享年55歳、あまりにも若い死でした。

岩田社長は、ファミコン初期から家庭用ゲームにおいて重要な作品に携わった人物であり、天才プログラマーとして知られています。任天堂の社長になってからはニンテンドーDSやWiiで大いに任天堂を躍進させました。今でこそ、任天堂は苦戦してはいますが、その中でも懸命に次なる手を模索していました。

その突然の死に、多くのファンが悲しんでいます。

最初は任天堂の社員ではなかった?

ファミコンを遊ぶ子どもの図

私たちが子どもの頃遊んだファミコンソフトを作っていた人です

元々岩田氏は、任天堂の社員ではありませんでした。大学在学中に、当時小さなベンチャー企業だったハル研究所のアルバイトをしていました。ハル研究所では任天堂が発売するファミコンソフトの開発を手掛けており、岩田社長は「ピンボール」「ゴルフ」「バルーンファイト」などを開発します。

バルーンファイトというゲームは、風船でつるされたプレイヤーキャラクターを操作するのですが、これがフワフワと浮かぶキャラクターを操作するわけで、あっちに行こうとフワフワ、こっちにいこうとフワフワ、動かせるようでままならない、絶妙な操作感覚があり、これは岩田氏のプログラムによるものでした。

その後、所属していたハル研究所がピンチを迎えます。多額の負債を抱えて、和議(当時における民事再生法のようなもの)を申請したのです。しかし、これが岩田氏の転機となります。