夏の熱帯魚の飼育方法

日本の夏は熱帯魚にとって過酷です。

多くの熱帯魚の適正水温は、23~25℃の範囲だが、何も対策を施さなければ、水槽内の温度は簡単に30℃を超えてしまうでしょう。水槽の置かれた環境によっても異なるものの、盛夏になればこの適正水温を保つことは難しいもの。特に水量の少ない小型水槽ではこの傾向が顕著で、水槽の維持管理を難しくしているのです。
水槽イメージ

多くの熱帯魚、水草にとっても適正水温は28℃以下。それ以上の水温が続くようであれば、何らかの対策が必要となる

多くの熱帯魚や水草にとって、水温30℃がボーダーライン。これを超える水温が続くようだと、生体へ悪影響を及ぼしてしまいます。

熱帯魚は生物である以上、その体の構成物質はタンパク質から成り立ちます。タンパク質の特質上、熱が加わるとその形質・形状が変化してしまいます(タンパク質の熱変性)。

生体の様々な機能を維持する多種の酵素もタンパク質からなるため、ある一定の温度以上ではそれらも破壊され正常に機能しなくなってしまいます(失活)。

しかし、水槽内で通常考えられる水温上昇において、熱変性をおこしてしまう程の高温になる事はまずないものの、高温により生命を維持する様々な器官・細胞が不活性になっていることは間違いありません。

その他にも

  • 溶存酸素量の低下
  • 有機物の腐敗が速まる(水質の悪化)
  • バクテリアの不活性
などが、水槽管理を難しくしてしまう原因として挙げられます。

「水槽用のクーラーで夏を乗り切れ」 でも紹介したように、夏場の水温維持において水槽用クーラーの設置は、任意の水温を維持できることから絶対的な優位性があります。

以前と比べ水槽用のクーラーは価格もこなれ選択肢の幅も広がっているものの、スタンダードな60センチ水槽用のクーラーでも数万円と水槽周辺器具の中では高価な部類。

また「クーラーの設置スペースが確保ができない」「できるだけコストを抑えた対策方法が知りたい」といった方も多いかと思われます。そこで、比較的ローコストで行える対策と、夏場の管理のコツを幾つか紹介したいと思います。


 

冷却ファンを設置する

最も手軽におこなえる水温対策が、水面に直接風を送る冷却ファンを設置すること。水は蒸発する際に熱を一緒に奪う(気化熱)原理を応用したもので、ファンの能力にもよりますが2℃~4℃の冷却効果が見込めます。

設置の際、照明器具をかさ上げする必要があるので、照明器具と水面の間にこもった熱を逃がすことも水温上昇を抑えるのに一役買っています。

水量に応じていくつかの製品がアクアリウムメーカーより販売されているので、飼育環境に合わせて選択するとよいでしょう。また、若干の加工が必要ですが、オーディオやパソコン用のパーツとして販売されているファンを流用すればより安価に入手できます。一般用のクリップファンなども、上手く活用できれば効果的です。

逆にあまり好ましくないのが、凍らせたペットボトルなどを浮かばせて水温を下げる方法。一時的な冷却効果しか見込めないばかりか、水温の変動幅が大きくなるため不適切な対処法となります。

また水槽を設置してある部屋ごと24時間クーラーで冷やしてしまうのも効果的です。水槽の本数が多く、一つの部屋に集中している場合には有効な手段となります。拙宅では、水槽の本数が非常に多いので、この方法を採用しています。気密性の高い部屋で省エネタイプのクーラーであれば、常時クーラーを稼働しても驚くほど電気代が高くなることはありませんが、家族がいればあまり賛同される手段ではないかも知れません。

 


LED照明に換える

水槽上面を覆うように設置するタイプの蛍光灯は、水温にかなりの影響を及ぼします。それらを発熱量の少くないタイプのLED照明に換えるのも、水温上昇を防ぐうえでは効果的。また水槽から少しかさ上げして設置できるライトリフトが初めからついているものも多く、その点でも優秀です。

蛍光灯よりやや値は張るものの、スタイリッシュかつ高性能な製品が多く開発され、水温対策以外の面でも何かとアドバンテージが高いです。

その際、飛び出しやすい魚を飼育していなければ、ガラス蓋も外してしまいましょう。やや水位を下げることで、飛び出し事故の確率は低くなります。

 

夏場の管理のポイント

冷却ファンの設置やLED照明への換装と併せて、水温が高い時期は日々の管理についても見直してみましょう。水温が高くなることで、残り餌や魚の排泄物の腐敗が早まり、またそれらを分解するバクテリアの活性が低くなるため飼育水の劣化がはやまってしまいます。

例えば、普段10日毎に1/3の水替えを行っていたのであれば、5日ごとに1/5程度と換水サイクルを変更するのも効果的。水をきれいにするバクテリアの活性が下がっているので、適切なろ過能力を有したろ過機を使用しているのであれば、サブフィルター等を設置しても大した効果は見込めないので、換水サイクルを見直すのが良いでしょう。当然、餌の食べ残しの無いよう、シビアな餌やリも心掛けるべきです。

魚の飼育数が多ければ、エアーレーションを行うのも有効な手段。特にエビの仲間は酸欠に弱いので、注意が必要です。

水草をメインに飼育されているのであれば、熱帯魚よりもさらに低く最大でも28℃以下に抑える必要があります。高水温が続くと水草は成長を止め、枯れてしまうものもでてくるので、特に水温対策が重要になってきます。

水温の上昇を抑えた上で、適切な管理を行い、上手に夏を乗り切ってください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。