Chromebookとは

ChromebookはGmailやGoogleDriveなどのGoogleのクラウドサービスを使うことを前提とした「Google Chrome OS」が搭載されたノートパソコンです。特徴として、起動が早く動作が軽快なChromeブラウザが標準搭載、ExcelやWordといったWindowsアプリケーションが使用できないなどの特徴があります。
ここでは、Chromebookの特徴と使い勝手でよくある疑問をQ&A形式で紹介します。

なんでWindowsアプリケーションが使えないの?

Windowsアプリケーションが使えない

Windowsアプリケーションが使えない

ChromebookはGoogleのクラウドサービスを使うことを前提として、機能がシンプルになっているためWindowsアプリケーションが使えなくなっています。例えば、もしExcelを利用したい場合は、Windows PCでGoogleDriveにExcelをアップロードしてChromebookではGoogleSpreadSheetなどで確認することがおすすめされています。ChromebookでのMicrosoftExcelの利用方法はGoogleのサポートページで紹介されています。

また、使用できないアプリについてはこちらの記事でまとめています。

値段が安いけどちゃんと動くの?

Windowsの低スペックパソコンと同じぐらいの性能を持ちます。動作が軽快なChromeブラウザ搭載、起動時間が早いOSなので動作は気にしなくても問題ありません。ただし、膨大なデータを処理するようなケースや高グラフィックネットゲームの利用には適していないといえます。

Windowsパソコンとの主な違いは?

デスクトップの使い勝手とキーボード配置などが異なります。Windowsパソコンとの一番の違いは、Windowsアプリケーションを使うことができない点です。

Chrome OSはウイルスソフトがいらないの?

Chrome OSはウイルス対策ソフトが標準搭載されています。さらにクラウドサービスで使うことを前提としているため、インターネットにつなげれば自動更新されセキュリティが保たれた最新の状態で使うことができます。

オフラインで使うことはできるの?

オフラインで使える機能は主に下記の通りとなっています。
  1. メールの作成(オフライン Gmailを使えばメールの作成や閲覧ができるようになります。)
  2. ドキュメントの作成・編集(GoogleDriveアプリでドキュメントやスプレッドシートの表示・編集ができます。)
  3. メモの作成(Google Keepを使えばオフラインでメモを利用することができます。オンライン接続時にクラウドに保存されます。)
  4. ゲームで遊ぶ(Chromeウェブストアのオフライン対応のゲームを楽しむことができます。)
Windows PCやMacと同様、オフラインでのネット閲覧はできません。(※オフラインで閲覧できるようにウェブページを保存しておくと閲覧は可能です。) また、ソフトの種類によっては常にオンラインでファイルを保存する必要はありません。オフライン対応のサービスはこちらで詳しく紹介されています。ファイルをChromebookに保存することも可能です。

Chromebookに対応したプリンタがないと印刷できないの?

Google クラウドプリントに対応した、クラウド対応プリンタがおすすめです。Chromebookに対応したプリンタは多くないので購入するときにしっかりと確認する必要があります。クラウド対応プリンタの一覧はこちらから

CD・DVDを再生することはできないの?

音楽も映画もクラウドサービスで利用する時代に移り変わっているので、Macなどと同様、ChromebookにCD・DVDを再生するドライブはついていません。しかし、外付けメディアプレイヤーやUSB・SDカードに保存されているファイルを再生することはできます。プレーヤーやファイル形式によっては再生できないことがあるので、Chromebookを購入するときにしっかりと確認するようにしましょう。

仕事で使うことはできるの?

Chromebookはクラウドサービスを前提としたパソコンのため、オンラインストレージにデータを保存する使い方です。社内サーバにデータを保存するルールなどがある場合は、難しいといえます。また、非対応のプリンターが多いことも支障をきたす可能性が高いです。プライベートでネット利用のみ、という方におすすめできるパソコンです。

オンラインの無料ストレージに有効期限はあるの?

Googleが提供するメールやドキュメントサービスに有効期限はありません。(ただし、Googleがサービス提供を中止する時に使えなくなります。)無料でストレージが提供できる主な理由は「膨大なデータをさばけるストレージを保有している」、「多くのユーザが利用することによってサービス価値が上がり企業価値が向上する」の2点です。

ストレージのデータは消えたりしないの?

ストレージのデータは消える可能性があります。ただし、世界で利用できるストレージ(オンライン・オフライン問わず)の中でもトップクラスで消える可能性が低いストレージがGoogleのサービスです。
フランスで3万人以上の従業員を抱える会社がGoogleのストレージにデータを保管しているという事例もあります。リスク管理は自身の判断でするようにしましょう。ガイドは全てGoogleなどのクラウドストレージに保管しています。音楽はYoutube,Soundcloud,TuneinRadio、メール・ドキュメント作成はGoogleです。オフラインで使うソフトはエディターソフトとFacebookMessengerだけです。

どういう人が向いているの?

Chromebookに向いている人

Chromebookに向いている人

WindowsやMacを持っているけど、カフェなどのWi-fi環境などで使うセカンドPC、Youtubeやニュースサイトなどのネット利用しかしないという方におすすめのパソコンです。MicrosoftExcelなどの業務アプリケーションをヘビーユーズする方には向いていないといえます。

どこで買えるの?

acer、ASUS、Dellなどのメーカーが販売していて、ビックカメラ・コジマ・ヨドバシカメラなどの大手家電量販店やAmazon、ヨドバシドットコムなどのネットショップで購入することができます。(価格は2万~4万円代)



いかがだったでしょうか。Chromebookの特徴と使い勝手でよくある疑問に対するQ&Aを紹介しました。クラウドサービスを前提としたノートパソコンです。Googleなどのクラウドサービスを活用していて、ネット利用などがメインの方におすすめのパソコンです。また、Androidスマホも手軽に連動することができる点もおすすめポイントです。
購入しようと思っている方は家電量販店などで使い勝手を試してみましょう。


■関連記事
ChromebookとWindowsを比較する時の3つのポイント
Chromebookのメリットとデメリット



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。