胸郭出口症候群の症状改善に効果的なツボ

呼吸を正常にする効果がある中府

呼吸を正常にする効果がある中府

  • 中府(ちゅうふ)
「中府」は鎖骨の外側の端にある骨の突起(烏口突起)から指一本分下にあるツボです。ちょうど小胸筋の上に存在していることから、中府をマッサージすることで小胸筋のリラクゼーションの効果があると考えられます。

また、中府は肺の経絡(けいらく)に属するツボとされています。胸郭出口症候群の方では、手の痺れなどの症状以外にも呼吸の浅さが観察されることが多く観察されます。こうした場合はゆっくりとした深呼吸などを行い呼吸に関わる筋群を正常化することが大切ですが、中府は肺経に属するため呼吸器の状態を正常にする効果があると考えられています。

  • 気海(きかい)
全身の気を補充する効果があると言われる気海

全身の気を補充する効果があると言われる気海

東洋医学的な視点において呼吸は全身に気を運搬するための活動であり、呼吸が正常ではない場合、生命活動を行うためのエネルギーが不足する原因となると考えられます。

そのため、「気海」などをマッサージすることにより全身に気を補充することも症状の根本的な改善に役立つと考えられます。気海はおへそ指幅二本分下のところにあり、男性は左手を、女性は右手を下にしてマッサージを行います。

呼吸が適切に行われない場合、腹直筋は緊張または弛緩するなど正常に機能していないことが観察されることが多々あります。気海は腹直筋上に存在していることから、このツボへのアプローチは気の補充だけでなく腹直筋の正常な機能を回復させる効果があると考えられます。

こうしたツボへのマッサージに加え、深呼吸や首周囲の筋群へのストレッチングを合わせることで効果的に胸郭出口症候群への対処を行うことができます。ぜひ試されてはいかがでしょうか。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項