鎌倉仏師の技を今に受け継ぐ「鎌倉彫」

皆さんは、神奈川県鎌倉市の伝統工芸品である「鎌倉彫(かまくらぼり)」をご存じでしょうか?

現在、NHKの連続テレビ小説『まれ』では「輪島塗」が紹介されていますが、「鎌倉彫」も「輪島塗」と同じく漆(うるし)を木地に塗る「漆器(しっき)」に分類される伝統工芸品です。

『鎌倉彫 博古堂』店内

『鎌倉彫 博古堂』店内


鎌倉彫の特徴は、その彫刻の美しさにあります。鎌倉彫のお店に行くと、伝統的なものからモダンなものまで、様々な絵柄が彫刻されたお盆やお皿、手鏡などが並んでいます。

左・姉の後藤圭子さん(博古堂当主)undefined右・妹の尚子さん(鎌倉彫協同組合代表理事)

左・姉の後藤圭子さん(博古堂当主) 右・妹の尚子さん(鎌倉彫協同組合代表理事)

実は、明治の始め頃まで、鎌倉には鎌倉時代の大仏師である運慶の流れをくむ仏師の工房があり、彼らの木彫技術が、鎌倉彫の美しい「彫り」の源になっているのです。

現在の鎌倉彫で、鎌倉仏師の流れを受け継ぐのが、後藤家と三橋(みつはし)家。今回は、このうち後藤家のお店である『鎌倉彫 博古堂(はっこどう)』を中心に取材させていただき、「鎌倉彫」の様々な魅力をお伝えします。

鎌倉彫はどのように誕生したのか

まずは、『博古堂』当主である後藤圭子さんと、鎌倉彫協同組合代表理事を務める後藤尚子さん姉妹にインタビューさせていただき、鎌倉彫の歴史についてうかがいました。

鎌倉彫の起源については、はっきりしない部分もありますが、鎌倉時代に中国から禅宗が伝えられ、鎌倉には、鎌倉五山をはじめとする、多くの禅宗寺院が建てられました。お寺が建てば、仏像を制作する仏師が必要になり、当時、奈良で活動していた仏師たちが鎌倉にやってきます。

屈輪(ぐり)文様が彫られた香合(鎌倉彫資料館undefined蔵)undefined「屈輪」は「倶利」と書くことも

屈輪(ぐり)文様が彫られた香合(鎌倉彫資料館 蔵) 「屈輪」は「倶利」と書くことも


仏師というと仏像ばかり彫っているイメージがあるかもしれませんが、実際には、仏像が置かれる「須弥壇(しゅみだん)」や「前机」、お香を入れる「香合(こうごう)」などの仏器・調度品も手がけていました。この時代に建てられたお寺の建物や堂内の調度品は、当時の中国(宋)で流行していた「唐様(からよう)」という様式の影響を受けています。

「唐様」建築の代表例である円覚寺「舎利殿」(国宝)

「唐様」建築の代表例である円覚寺「舎利殿」(国宝)


また、当時、中国からもたらされた物の中に、「彫漆(ちょうしつ)」という、塗り重ねた漆の層で器が形成され、その表面に文様を彫った、大変、手間と時間がかかる工芸品がありました。これを模して、現在の鎌倉彫と同様に、木彫り漆塗りで表現した香合が創られましたが、これが鎌倉彫の始まりと考えられます。

こうしてみると、鎌倉彫とは、日本の仏師の持つ木彫技術や、中国から伝わった「唐様」、漆工芸の技術などが、渾然(こんぜん)一体となって作り出されたもの、ということができます。

その後、仏師たちは、現在の扇ヶ谷の寿福寺の門前に「鎌倉仏所」と呼ばれる仏師の集落を形成し、活動を続けました。ちなみに、鎌倉彫と呼ばれるようになったのは江戸時代からで、それ以前は「鎌倉物」と呼ばれていたようです。

鎌倉彫資料館の所蔵品の中で最も古い作品「屈輪文三足卓(ぐりもんさんそくしょく)」。室町時代の作品

鎌倉彫資料館の所蔵品の中で最も古い作品「屈輪文三足卓(ぐりもんさんそくしょく)」。室町時代の作品


興味深いのは、時代によって好まれる図柄が変遷していくこと。例えば、豊臣秀吉などが活躍した桃山時代には、豪華で量感のある牡丹と動物の王様である獅子を組み合わせた「獅子牡丹」のような絵柄が好まれました。

また、江戸時代になると、茶の湯の一般への普及から、茶道具も数多く作られるようになります。元禄7(1694)年に刊行された茶道具の百科全書である『万宝全書(ばんぽうぜんしょ)』には「鎌倉彫」という名称が記載されています。

しかし、江戸時代も末期になると、幕府の財政が逼迫(ひっぱく)したことからお寺に重税を課しました。そのため、お寺は伽藍(がらん)や仏像の修理もままならず、仏師たちは職を失い廃業・転業する者も多く、最終的に残ったのは、後藤家と三橋家だけになったそうです。

次のページでは、現代の鎌倉彫についてレポートします