道を選ばず走れる、唯一無二のミニバン・三菱デリカD:5(現行)

気づけばこんなに値落ちしていて「おいしい!」という中古車をご紹介しているこの企画。今回は三菱デリカD:5(現行)をご紹介したいと思います。
三菱デリカD:5undefinedフロント

旧型にあたるデリカスペースギアと比べると、全高は100mmも下がったのに、逆に地上高は20mm高い210mm。低重心となったことは操縦安定性に寄与するほか、乗り降りのしやすさにも繋がります


デビューは、もう8年以上も前の2007年1月。最近ようやく新車時の半額以下で、4WD車が狙えるようになってきました。それだけ人気が高いってことです。

その理由の一因は、やはりデリカの名に恥じない、タフなオフロード走破性能にあると思います。これだけミニバンが全盛の時代でも、これだけのオフロード性能を持つ車は、デビューして8年が経っても未だありません。

ライバルが不在ということは、ニーズがないということを示しますが、しかし個人的には、ミニバンこそ道を選ばず走れる性能を持って欲しいんですけどね。

ミニバンって家族や仲間と楽しいところへ出かけるための車ですよね。それなのに「あ、そこは無理」とか「あっちは行けないなぁ」なんて、選り好みされても……なんて私は思うわけです。
三菱デリカD:5undefinedシート

3列目シートを跳ね上げて収納しても、荷物を固定できるように天井や側面に14個のフックを備えています。またシートは汚れにくく、撥水加工が施されていて、食べこぼしなどをサッと拭き取れます


その点デリカD:5なら、SUV並みの走破性を持っています。レイモンド・チャンドラーの小説に「男はタフでなければ生きられない、優しくなければ生きる資格がない」なんていう有名なセリフがありますが、この車はまさにそんな言葉が似合う車じゃないかと私は思っています。

最低地上高は210mm。アプローチアングルは24度、デパーチャーアングルは21.5度。これは当時の三菱アウトランダー(旧型)とほぼ同じです。つまり多少の凸凹や積雪量なんて気にせず走れてしまうクリアランスを持っているということです。

さらに4WDは(三菱ですから)、ロックモードにすれば右前と左後ろのタイヤだけ接地するような路面でも走破できてしまいます。

そんな曲芸までは要らないよ、というかも知れませんが、凸凹のオフロードではなく、雪の積もった道ならどうでしょう? 雪道で2輪が同時に滑るという可能性は十分ありますよ。

多人数が乗れるSUV、と捉えていいかも知れません。ともかくこんな心強いミニバン、そうはありません。

さて、それがいくらから狙えるのか。先述のとおり、新車時の半額以下から狙えるようになったのですが、具体的に見てみましょう。

走行距離5万km以下で修復なしの4WD車を調べてみると、原稿執筆時点での最安値は144.8万円の2.4Gナビパッケージ。2008年式/4.6万km/修復歴なしです。新車時価格は314万円ですから、走行距離5万km未満の4WD車でも十分新車の半額以下です。

2WD車や、5万km以上の車ならもっと安い価格で狙えます。ただ個人的には、せっかくですから4WD車を狙って欲しいところ。それが「タフで優しい」デリカD:5たる所以だと思いますから。

タフ=オフロード走破性能についてはある程度述べましたので、次ページでは「優しさ」について詳しく見ていきましょう