何が何でも外せない、金沢の名所ベスト・オブ・ベスト!兼六園

兼六園

六勝(宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望)を兼ね備え、どこを切り取っても絵になる兼六園

主計町茶屋街を散策した後は、尾張町にある金沢蓄音機館前の尾張町ポートで自転車を借りて金沢に来たら必訪の兼六園へ。

兼六園周辺には兼六園下と兼六園の2ヵ所のポートがあり、兼六園下ポートは兼六園から少し離れているので、桜ヶ岡口横にある兼六園ポートで降りてくださいね。そして自転車はここで返します。
時雨亭@兼六園

茶の湯体験(抹茶+上生菓子720円、煎茶+干菓子310円)ができる時雨亭

兼六園については以前にも何度か書いているので詳しい説明は省きますが、何度行っても違う表情を見せて飽きることのない、まさに日本三名園に相応しい四季を通して楽しめる素晴らしい大名庭園です。

園内ではお茶処、和菓子処の金沢ならではの茶の湯体験ができたり、また隣接する国の重要文化財に指定されている豪華絢爛な加賀前田家の奥方御殿成巽閣や境内にパワースポットがある金澤神社も一見の価値があります。

“新しい金沢”を具現化したグッドデザイン美術館でアートに浸る

オラファー・エリアソンの「カラー・アクティヴィティ・ハウス」

子供たちの遊び場になっているオラファー・エリアソンの「カラー・アクティヴィティ・ハウス」

そして次に向かうのは「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で2つ星を獲得し、国内外から高い評価を得ている金沢21世紀美術館。兼六園の真弓坂口から出ればすぐ目の前です。

地方美術館としては異例の成功を収めている同美術館は市民参加交流型の美術館として、美術品を鑑賞するだけではなく、実際に触ることができる作品があったり、年間を通じて多彩なイベントを開催するなど子供から年配の方まで楽しめる工夫が凝らされています。
モンブラン(561円)@パティスリーオフク

金沢21世紀美術館市役所口(西口)隣にあるパティスリーオフクの至福モンブラン(561円)

美術館内のショップではお土産にぴったりな、ここでしか手に入らないユニークなアートグッズが手に入るほか、にし茶屋街にある金沢土産人気No.1のかわむらの甘納豆も販売されています。

足休めには美術館周辺に点在する甘味処でどうぞ。実はこの界隈は知る人ぞ知る絶品スイーツスポット。しかも和も洋も揃っているので、和菓子派も洋菓子派も甘~いスイーツで心ゆくまで癒されてください。