元会社員の年金、現在の平均額は月14万6000円

「平成30年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」(厚生労働省)によれば、元会社員で厚生年金をもらっている人の平均額は月14万6000円(国民年金部分を含む)。元自営業者などで国民年金をもらっている人の平均額は月5万6000円です(数値は平成30年度末時点)。
 
50歳の人がもらえる年金額をチェック

50歳の人がもらえる年金額をチェック

すでに年金の受け取りが始まっている人の場合はこのようになっています。元会社員の夫と、専業主婦の妻なら、2人合わせてざっくり20万円程度ということです。

あくまで平均値であり、現役時代の働き方や給与により違ってきますが、目安にはなりますね。これから受け取る場合はどうなるのでしょうか? 
 

50歳の将来の年金、夫婦2人で23万2000円

公的年金の今後についての財政検証(厚生労働省)が5年ごとに行われています。直近では2019年が財政検証の年でした。2019年の財政検証からご紹介しましょう。1969年生まれの50歳(平成30年時点)が、65歳でもらう年金は、会社員の夫と専業主婦の同い年の妻の世帯で23万2000円となっています(平成30年財政検証関連資料、生年別に見た年金受給後の厚生年金の標準的な年金額(夫婦2人の基礎年金含む)の見通し、モデル年金ケースⅢより)。

この見通しでは、5年毎の金額も示されていますので、紹介します。

1969年生まれの50歳(平成30年時点)が、夫婦でもらえる年金額の見通し
会社員の夫と専業主婦の妻のケース、夫婦2人の基礎年金含む
  • 65歳(2034年)では …… 23万2000円
  • 70歳(2039年)では …… 22万4000円
  • 75歳(2044年)では …… 21万7000円
  • 80歳(2049年)では …… 21万4000円
  • 85歳(2054年)では …… 21万4000円
  • 90歳(2059年)では …… 21万9000円
いかがでしょうか? この数値は、各時点の金額を現在価値に割り戻したものとか。つまり、現在の物価の感覚で判断していいわけですが、改めて自助努力が必要かつ重要であることを感じます。

セカンドライフが近づいてきた50歳。身を引き締めてこれからの計画を立てましょう。

【関連記事】


【新サービス事前登録のご案内】
あなたの悩みについて、「似た経験をした人」とお話ししてみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。

「赤字家計から抜け出せない」「老後貯蓄が不安」「家族がこっそり借金をしていることがわかった」などの悩みについて、同じような悩みを経験した・乗り越えた人から直接、話を聞いてみませんか?

日常では出会えない「同じ壁にぶつかった仲間」が、きっと見つかります。

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。