大正ロマン漂う八塩温泉 神水館でひんやり体験!


外観

八塩温泉 神水館 外観


東京から関越自動車道を利用すれば、約1時間で到着する八塩温泉神水館(しんすいかん)。ここも、首都圏から気軽に行くことが出来るひんやり鉱泉です。八塩温泉は群馬県にありますが、埼玉県との県境を流れる神流川(かんながわ)のほとりにあります。

神水館

神水館 ひんやり冷鉱泉 浴槽

神水館は1931年創業。大正ロマン漂う雰囲気が素敵な浴槽は、写真左の大きな浴槽が加温されたもので、右が源泉そのままを楽しむことができる浴槽。

泉質は、ナトリウム-塩化物・炭酸水素冷鉱泉で源泉温度は15℃。真水ほどの冷たさではありませんが、ゾクゾクっとします。しばらく浸かっていると、じわじわと火照ったような感覚になるのはナトリウム泉ならでは。とはいえ浸かっているとだんだん鳥肌が立ってくるので、ゆっくりと入ってはいられません。寒くなると、隣にある加温浴槽にて体を温めます。

加温浴槽は少しぬるっとした浴感がありました。源泉と加温の浴槽を、ここでも交互入浴して、じんわりとお肌に温泉成分を浸透。湯上がり後、体もスッキリ、そしてお肌もすべすべ美肌を手に入れることができました。

<DATA>
八塩温泉 神水館
・住所:群馬県藤岡市浄法寺6
・電話:0274-52-2641
・日帰り昼食プラン:4000円~(2名から 前日までに予約)
・公式HP:http://www.shinsuikan.sakura.ne.jp/


炭酸泉が気持ちいい冷鉱泉!下仁田温泉 清流荘

清流荘外観

下仁田温泉 清流荘 外観

こんにゃくや下仁田ネギが有名な、群馬県下仁田町にある一軒宿のお宿、下仁田温泉 清流荘。最近世界遺産に認定された富岡製糸場からも近く、夏に訪れたらセットで行きたい温泉です。ここでは極上のひんやりとした冷鉱泉を楽しむことができます。

アワアワ源泉浴槽

ひんやり 源泉浴槽は全国でも貴重な源泉のままの炭酸泉

泉質は含二酸化炭素-カルシウム・ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉。源泉温度は13.7℃。メインの加温浴槽は炭酸泉ならではの笹にごりの湯ですが、源泉浴槽は、赤茶褐色です。

よく見ると細かな気泡が肌に付着…気温が高い夏に訪れると泉温も上がるので、体感としては20℃くらい。夏でも心地よいひんやりだと思います。

<DATA>
下仁田温泉 清流荘
・住所:群馬県甘楽郡下仁田町吉崎769
・電話:0274-82-3077
・料金:大人800円
・日帰り入浴時間:11時~14時30分まで
・公式HP:http://www.s-seiryuusou.com/

次のページで長野と大分にある究極の冷鉱泉をご紹介します!