オーガニック素材にこだわりが! ベーカリーカフェ「ecomo BAKERY(エコモベーカリー)」

エコモベーカリー外観。正面入口は元町ショッピングストリート側(2015年7月21日撮影)

エコモベーカリー外観。正面入口は元町ショッピングストリート側(2015年7月21日撮影)

2015年7月、元町プラザ2階にオープンしたベーカリーカフェ「ecomo BAKERY(エコモベーカリー)YOKOHAMA MOTOMACHI」。藤沢市にある倉庫リノベーション型LOHAS複合施設「ecomo(エコモ)」(2008年オープン)内に2013年8月に出店したベーカリー部門の多店舗展開第1号店となります。

  • 素材はすべて「オーガニック」

手前から時計回りに、有機栽培ホクシンのクープのないバゲット(200円)、有機抹茶の粒あんぱん(190円)、米味噌と米油のパン(700円、ハーフ350円)、有機栽培ホクシンと米油の食パン(380円)(2015年7月15日撮影)

手前から時計回りに、有機栽培ホクシンのクープのないバゲット(200円)、有機抹茶の粒あんぱん(190円)、米味噌と米油のパン(700円、ハーフ350円)、有機栽培ホクシンと米油の食パン(380円)(2015年7月15日撮影)


エコモベーカリーは、身体に優しいオーガニック素材のみを使っているのが特長です。北海道産の有機小麦と天然酵母を使った「パン」、卵や牛乳、バターまですべてオーガニック素材を使った「スイーツ」、ダテーラ農園の有機栽培コーヒー豆を使った「ハンドドリップコーヒー」、無農薬・減農薬素材を使った「フレッシュジュース&コールドプレスジュース」を提供しています。

パンは、オープン後から並び始め、11:00ごろにほぼ全種類がそろうとのこと。食事に合う食パンやクープのないバゲット、和菓子のような丸いあんぱん、ソーセージが入った総菜パンなど、30種類以上のパンが並びます。

※各パンの味は公式ガイドブログで→こちら

  • 話題の「コールドプレスジュース」が飲める

内装にも漆喰、珪藻土、無垢材などが使われていて、オーガニックな空間が演出されています(2015年7月21日撮影)

内装にも漆喰、珪藻土、無垢材などが使われていて、オーガニックな空間が演出されています(2015年7月21日撮影)

「コールドプレスジュース」は、スムージーに次ぐブームになるといわれる健康志向のジュース。低速ジューサーで時間をかけて搾汁することで、熱の発生を少なくし、栄養素の破壊を最小限に抑えることが可能だそう。同店では、アメリカの老舗メーカー「norwalk」社のジューサーを使用し、ゲルソン療法のレシピに沿ったコールドプレスジュースを提供します。

店内は、漆喰、珪藻土、無垢材などを使ったオーガニック空間で、イートインスペース(12席)では、購入した商品を食べることも可能。元町ショッピングストリートを見下ろすテラス席(9席)もあります。

食材も内装も、オーガニック素材を使ったエコモベーカリー。一度食べると、ハマること間違いなしの美味しさです。

■ecomo BAKERY(エコモベーカリー)YOKOHAMA MOTOMACHI
住所:横浜市中区元町1-13 元町プラザ202
営業時間:10:00~18:30
定休日:月曜日 ※祝日の場合、翌火曜日
交通・アクセス:みなとみらい線 元町・中華街駅5番出口から徒歩約2分
TEL:045-323-9480
URL:http://www.ecomo-bakery.com/

次ページでは、デザインにこだわっているカフェを紹介