ダイエット中でも、お米を食べていいんです!

ご飯

日本人なら、炊き立てご飯には目が無いはず! 提供:iStock

ダイエットの大敵とされがちな炭水化物の代表格「お米」。実は最近、「ご飯を食べてダイエット」という、一見マユツバ情報かと思われてしまいそうな方法が、巷で注目を集めています。

前回の記事では、糖質と脂質を同時に摂取すると脂肪の合成を高めるので、ダイエット中の人には糖質を控える様にオススメしました。

けれど、さらに細かくその糖質の種類や加工方法、そして摂取のタイミングなどを調べていき、身体にとって糖質がどの様に働いているのかを紐解き理解する事で、むやみに糖質を我慢しなくても、ダイエットを成功させる事が可能という事がわかったのです!

ボディビルダーがご飯を食べながら減量に成功したのは何故?

ダイエット,ボディビル

減量前:73kg→減量後:66kg

筋肉美を競うボディビルの世界では、コンテスト前の減量の際、炭水化物を一切カットする方法が一般的です。

しかし、全国でも有名なパーソナルトレーナーであり、ボディビル選手でもある高津 論さんは、『ご飯を1日2合食べながら減量に成功してコンテスト入賞した』とのことで、詳しく話しを聞いてきました。

高津さんは4ヶ月で体重を73kgから66kgまで7kg落とし、ボディビルコンテストでも見事に入賞を果たしました。今まではもちろん、減量期は炭水化物を一切カットする方法を採用していたそうですが、今回のお米を食べながらの減量方法はそれよりも楽だったそう。

高津さんはどうして、ご飯を1日2合食べ続けても減量に成功したのでしょうか?

次のページでは、「ダイエット成功の秘密」を紹介します。