頭を涼しく! ヘッドクーラー ココミン

ヘッドクーラー ココミン

ヘッドクーラー ココミン(サーミックテクノ製)

日本では昔から、「頭寒足熱」が健康に良いとされてきました。睡眠のときも、頭寒足熱にするとグッスリ眠れます。睡眠の目的の一つが、脳のクールダウンだからです。

目覚めているときに働いて熱をもった脳を、睡眠中に十分冷やさないと、脳の疲労が取れません。頭に扇風機の風を集中的にあてると、睡眠の質が良くなるという研究もあります。

頭をしっかり冷やすためには、氷枕や冷却ゲルを使うことが多いでしょう。しかし、これらは時間とともにぬるくなったり、硬さが変わったりしてしまいます。

ここでご紹介する「ヘッドクーラー ココミン」は、冷却水が枕シートの中を循環するので、一晩中、快適な温度を保ってくれます。温度設定は、お好みの温度を1℃単位で設定できます。一晩中つけておくことに抵抗がある方は、タイマーを使って、2・6・8時間で切れる設定にもできます。

■「ヘッドクーラー ココミン」製品仕様
サイズ:175×240×120mm(冷却ユニット)
重量:約1.7kg
温度設定:設定範囲15℃~30℃、1℃単位で設定可能
消費電力:約45W(定格)、70W(最大)
電気代:1日8時間使用で約8円
循環液の主成分:水(水の腐敗防止機能を内蔵)
価格:42,984円(税込)
製造:サーミックテクノ
製造国:日本

肌触り最高! 三河木綿 6重ガーゼケット

三河木綿 6重ガーゼケット

三河木綿 6重ガーゼケット(山繊製)

夏は眠っているあいだに、タオルケットなどの寝具が、体にからみつくことがあります。そうなると、暑いばかりでなく、寝返りもしづらくなります。

寝返りには、睡眠の深さや種類を切り替えるスイッチの働きもあります。ですから、自然に寝返りができないと、睡眠の質が悪くなってしまうのです。

吸湿・放湿に優れ、軽くて肌触りの良い夏用の寝具として、三河木綿でできた6重のガーゼケットをお勧めします。三河木綿6重ガーゼケットは、寝床の中の温度や湿度を快適に保ち、しかも体にまとわりつきにくいので、寝返りの邪魔になりません。

三河木綿6重ガーゼケットの肌に触る部分は、60番手という細い糸を使っているので、肌触りがとてもなめらかです。一方、中の部分は空気をしっかりためられるように、太めの40番手の糸を使っています。

実は、糸の太さが違う生地をふっくらと縫い合わせるのは、とても難しいことです。三河木綿6重ガーゼケットには、千年の伝統を持つ三河木綿の職人さんの熟練した技術が生かされています。

■「三河木綿 6重ガーゼケット」製品仕様
サイズ:約140×200cm
重量:約1,000g
材質:綿100%
洗濯:家庭用洗濯機で可能
価格:10,584円(税込)
製造:山繊
製造国:日本

湿気をシャットアウト! 調湿敷マット

調湿敷マット

調湿敷マット(眠り製作所製)

熱帯夜でも快眠できる寝室の条件は、室温が26度以下、湿度が50~60%です。とはいえ、寝室内の温度と湿度が理想的な状態でも、体が接している敷布団やマットレスは、高温多湿となっています。

熱帯夜には、一晩で500~1,000mLもの汗をかきます。敷寝具の湿度調整機能は、掛け寝具よりさらに重要になります。

ご紹介する「調湿敷マット」には、「シリカゲルB」が入っています。おせんべいの袋などに入っている乾燥剤は「シリカゲルA」で、吸湿作用しかありません。一方、シリカゲルBは、湿度が高い環境では吸湿し、低湿度では放湿する「呼吸作用」を持っています。

調湿敷マットのシリカゲルは、一晩に最大でコップ4杯分の水分を吸収してくれます。また、汗や湿気、嫌なニオイも吸収し、ダニやカビの発生を防いでくれます。

調湿敷マットには、シリカゲルが吸い取った湿気の量を示すインディケーターが付いています。これの指示に従って敷マットを干すと、湿気が抜けて吸湿力が回復します。フローリングや畳に布団を敷きっぱなしにしている人は、季節を問わず1年中使えば、いつでも快適な湿度に調節してもらえます。

■「調湿敷マット」 製品仕様
構成:調湿性エラストマーシート、シリカゲルB
カラー:ベージュ
サイズ・価格:
シングル 90×180cm(税込10,044円)
ダブル 130×180cm(税込15,120円)
ベビー用 60×90cm(税込4,860円)
製造:眠り製作所


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項