入居者ニーズを捉え、競合物件との差別化を

入居希望者の好みは何でしょうか?

入居希望者の好みは何でしょうか?

アパートやマンションを建てれば自然に入居者が集まり、経営が成り立つ。そのような幸せな時代は終わりを告げました。

賃貸住宅経営が直面するマーケットが、少子高齢化・人口減・住宅供給の過多により、借り手優位の度合いを強めています。今後は更に競合物件との差別化に力を入れることが欠かせません。

しかし賃貸業界に暗い影を落とす話の中にも、ささやかな光があります。
ひとつは、ライフスタイルに合わせて、進んで賃貸住宅を選ぶ「積極賃貸派」が増えてきていることです。さらにもうひとつ「人口は減っても世帯数はしばらく増え続ける」と見られていることも好材料です。

とはいえ、全国的な空室率の増加と人口の大都市集中を考えると、やはりこれからの賃貸住宅経営においては、市場の「本当のニーズ」を捉えなければならないことに変わりはありません。

そして今、差別化のための選択肢として、コンセプト型賃貸住宅を選び、成功されているオーナーさんも増えてきています。

「コンセプト型賃貸住宅」とは、何でしょうか。

それは、ひとつの趣味嗜好、専門性やデザインセンスなどに基づいてつくられたアパートやマンションのことをいいます。ある意味で「ニッチ」の市場である、趣味嗜好におけるマイノリティー(少数派)を狙う戦略です。

昨今の入居者は、目が肥えています。「初めての賃貸暮らし」という人ばかりでなく、「二度目も三度目も賃貸」という人も増えています。お金がないから借りているのではなく、「趣味嗜好に合わせて住環境を選べるからこそ賃貸がいい」「ライフスタイルに合った住宅が持ち家でなくても賃貸でも十分にある」という人達が増えているのです。

そんな彼らに対するコンセプト型賃貸住宅の成功のポイントは、楽しさや洗練されたデザインだけでなく、住み手の生活イメージを想定し、使い勝手のよさや癒しを追求した顧客満足度の高い建物とすることです。

◇ コンセプトが優れた設計につながり、更に快適な居住機能に繋がっている
こと。クオリティーの高い生活・暮らしを意識したプランに仕上がって
いること。
◇ 侵入者やトラブルから24時間暮らしを守るセキュリティ、住まう人それ
ぞれがのびのびと暮らせるプライバシーの確保に配慮されていること。
◇ 日本中で起こる可能性のある大地震に備えた、安心安全をPRできる構造
設計を基本としていること。
◇ 経営面からは、管理上のランニングコストがかかりすぎないような素
材・仕様・計画などが求められます。

様々なコンセプト型賃貸住宅 

車、ペット、音楽などコンセプトもさまざま

車、ペット、音楽などコンセプトもさまざま

たとえば現在、こんな種類のコンセプト型賃貸住宅が市場に登場しています。

■デザイナーズ ~マンション、アパート(以下同じ)
美しい造形美を演出するコンクリート打ち放しや、優雅なヨーロピアン風、斬新なニューヨークスタイル、温かみのあるカントリー風、その他和洋折衷スタイルなど、建物のテーマを決め、訪れた人に感激・感動を与えるデザインを盛り込んだ建物。

■ガレージ・イン
自動車愛好家には、「大好きなクルマと同じ屋根の下に暮らしたい」さらには「朝から晩まで愛車を眺めていたい」という人が少なからずいます。文字通り、ガレージの中にいるような雰囲気で、車を眺めながら暮らすことができる賃貸住宅です。

■ライダーズ
朝起きてリビングから見える自分のオートバイに向かって「おはよう♪」と話しかけるくらいに愛車を大切に扱っている人にとってはたまらない、ライダー向けの賃貸住宅。上層階へはエレベーターでオートバイを運べます。高級な車両となると数百万円するものもある現在のオートバイですから、盗難やいたずらの危険を避けるためにもこうしたビルドインタイプは重宝されます。

■ペット共生型
全国の犬猫飼育数は、現在2500万頭を超えるといわれています。子供の数よりも圧倒的に多く、ペットに関わるマーケットは毎年めまぐるしく成長しています。ところが共同住宅では、多くの場合ペットを飼えないのが現実です。そこで、ペットと一緒に暮らすための便利な設備や、ペット飼育のためのサポートシステムが導入された「ペット共生型アパート・マンション」を企画し、満室経営に結びつける事例が多数生まれています。

■ミュージシャン向け(音楽家・音大生・楽器愛好者向け)
ピアノ・ギター・ヴァイオリン・ドラム……楽器好きの人なら、隣人からのクレームを心配せず、いつでも演奏できる賃貸住宅があれば、なんとしても借りたいと思うものです。音大生が多く入居するそうした物件では、卒業生が後輩を紹介するため常に満室という事例もあります。また、オーディオを大音量で楽しみたいという趣味の方や、小さなお子さんの泣き声を気にする方が借りるといったケースもあります。

■ギャラリー併設
セキュリティのしっかりしたロビーにお洒落なギャラリーを設け、有名陶芸家の作品や「デザイナーズ陶器」を並べ、仕事で疲れた入居者の心を癒してくれる賃貸住宅。美しくアレンジされた花々を飾るフラワーギャラリーでお出迎えという素敵なコンセプトの物件など。さらには、アンティーク調の家具が置かれクラシック音楽が奏でられるエントランスを備えたものもあります。

■サーファーズ
サーフィンができる海の近くであれば、サーフボードを飾る空間を備えた、サーファーにとっては夢のような賃貸住宅を考えてみてはいかがでしょうか?実際に湘南エリアでは最近そのような物件が出現し、人気を博しています。

■キャラクターズ
テレビや遊園地などでお馴染みのキャラクターをふんだんに使った賃貸住宅。そうしたキャラクターに囲まれて暮らしたいほどに大好きな人を夢中にさせます。商標権などの問題をクリアすることが必要。エントランスや室内装飾、各所でキャラクターが出迎えてくれます。

その他にも、以下のようなコンセプト型賃貸住宅があります。

■ハイセキュリティ
■エコロジーホーム
■レディース 
■学生専用
■高齢者向け
■ゲストハウス・シェアハウス
■ドクターズレント
■アスレチックジム付き
■コンシェルジュ付き

これらの詳細はまた別の機会にご説明したいと思いますが、いずれも、入居者のライフスタイルや趣味、職業などに合わせて物件の構造やデザインを特化させたものです。狙いどおりいけば、入居希望者から「これを待っていた」と大歓迎を受けることになります。

そしていまやインターネットの時代ですので、話題性豊かなコンセプト型賃貸住宅は口コミでの告知効果も抜群です。一定の入居者からの強い支持を背景に、「駅から遠い」などのマイナス条件を覆すほどの募集力を示すこともあります。

次回は、「デザイナーズマンション」について、詳しくご紹介したいと思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。