安心! カナダの添乗員同行ツアー

添乗員同行ツアーでは、団体行動が基本。

添乗員同行ツアーでは、団体行動が基本。

日本出発から到着まで添乗員が同行する形態のツアーです。添乗員同行のツアー最大の利点は、言葉の心配が要らない!ということに尽きるでしょう。知らない土地でトラブルに巻き込まれた時の迅速な対応など、「同行している」という安心感は計り知れないものがあります。また、観光や食事がほぼ含まれているツアーが多く、現地での支出が少なく済むというメリットもありますし、食事など何を食べたらよいのかわからない、という「すべてのお任せ」という人にはぴったりです。

ただし、これら長所の裏返しにもなりますが、食事や宿泊ホテルの選択などの自由度は低く、団体行動が基本なので、自由時間も限られるというデメリットは覚悟しなくてはいけません。

 

添乗員同行で人気のカナダツアーはこれ!

添乗員同行の人気ツアーはメープル街道の紅葉undefined(C)Tourism Quebec

添乗員同行の人気ツアーはメープル街道の紅葉 (C)Tourism Quebec

パッケージツアー全体では少なくなりつつある添乗員付きツアーですが、カナダではシニア層を中心に根強い人気を持っているので、バリエーションも豊富。そんな添乗員付きツアーの代表的なコースを紹介します。

■ナイアガラ、カナディアンロッキーとバンクーバー
各地でそれぞれ2泊すつ、または、ナイアガラ2泊、ロッキー3泊、バンクーバー1泊で合計で6泊8日になるコース。ロッキー3泊のものだと、 1日自由行動日が設定されるものもあります。各地を代表するデラックスホテルを利用するツアーと、スタンダードなホテルを利用するお手ごろ価格のツアーが見られます。価格帯は前者が 40万~60万円、後者が30万~50万円台。

ナイアガラ、カナディアンロッキーとグランドキャニオン
カナダとアメリカの組み合わせの代表的なもの。北米の人気の見所3箇所をセットにしたツアーで、「三大絶景」のネーミングで販売されています。こちらもナイアガラロッキーラスベガス(グランドキャニオンへの宿泊地)で各2泊ずつの6泊8日が主流。価格帯は30万~50万円台。

秋のメープル街道
こちらは多種多様な行程があり、ナイアガラからトロント、ローレンシャン高原、モントリオール、ケベックといった東部地方のみで組まれた日程のものと、カナディアンロッキーを加えたものとがあります。東部地方のみの日程は7~8日間。カナディアンロッキーを加えたものは8~9日間ほどの日程になりますので、まず、日程の長さと行きたい場所で、選択してください。価格帯は幅広いため、一概には言えませんが、安いもので30万円台、高いものだと 60万円程度。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。