計画的な教育訓練が従業員の成長を促進する

助成金を活用して社員教育を実施しましょう

助成金を活用して社員教育を実施しましょう

人材育成のポイントが計画的な教育訓練であることは、今も昔も変わりありません。教育訓練で従業員の能力がアップすることで生産性だけでなく、企業としての競争力も高まります。またキャリアアップによって従業員の満足度も高まり、定着率の向上も期待できます。

しかし教育訓練には手間とお金がかかりますよね。そこでお勧めしたいのが助成金の活用です。

今回は、一般の従業員を対象とした「キャリア形成促進助成金」と、非正規社員のキャリアアップを目的とした「キャリアアップ助成金」をご紹介します。

キャリア形成促進助成金は、事業主が従業員の教育訓練を行った場合や、従業員の自己啓発(能力開発)を支援した場合にその費用や訓練期間中の賃金の一部を助成するものです。キャリア形成促進助成金を活用し、職業訓練を段階的かつ体系的に行うことで労働者のキャリア形成を効果的に促進することができます。

キャリアアップ助成金(人材育成コース)は、非正規労働者を安定した雇用形態に転換する企業を後押しするための助成金です。

それぞれ詳しく見ていきましょう!