在宅ワークって、何をするの?

子どもがまだ小さいから、外に働きに出るのは難しい……。在宅ワークってどうなのかな?

子どもがまだ小さいから、外に働きに出るのは難しい……。在宅ワークってどうなのかな?

出産等を機に退職した女性からライフプランのご相談を受ける際、今後の働き方について希望を伺うのですが、「子どもが小さいうちは、パートなどで働きたい」という方がいる一方で、「実際にいろいろと仕事を探しているけれども、なかなか条件に合う仕事が見つからない」「以前、働いていた時のキャリアを活かして、家でできる仕事を始めたい」という方もいらっしゃいます。

今は、「1台以上パソコンがあって、インターネット環境や通信手段も整っている」という家庭も多いので、自宅で仕事(在宅ワーク)をすることも可能になっています。主な仕事内容としては、「文章入力」「テープ起こし」「データ入力」「ホームページ作成」「設計・製図」「デザイン」「DTP(雑誌、書籍などの印刷物のデザイン、フォーマット作成など)」「プログラミング」「翻訳」「システム設計」などがあります。

厚生労働省の調査によると、2013年時点で、在宅ワーカーは全国で約126万人4千人とのこと。副業として行っている人は、約34万8千人、専業として行っている人は約91万6千人だそうです(三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)「在宅就業調査報告書」より)。会社員時代のキャリアや特技を活かして、家庭も大切にしながら、自分が働きやすい時間帯に仕事もできたら、本当に素敵だな~と思います。

在宅ワークの収入はどれくらい?

在宅ワークにかけられる時間や仕事内容は、人によってさまざまですが、1カ月あたりの平均的な収入は、以下のグラフのようになっています。

厚生労働省「在宅ワーカーのためのハンドブック」をもとにガイド平野が図表作成(クリックすると拡大表示されます。)

厚生労働省「在宅ワーカーのためのハンドブック」をもとにガイド平野が図表作成(クリックすると拡大表示されます。)


最も多いのは、「5万円以下」:27.7%、次いで「10~19万円」:18.5%、「6~9万円」:18.0%でした。9万円以下という方が、全体の45.7%と半数近い一方で、20万円以上という方も合わせて36.0%いらっしゃる、ということが分かります。

>>在宅ワーカーは、どうやって仕事を探している?