【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

再婚こそ、素敵な結婚相手を引き寄せよう

離婚経験があり、もう二度と結婚なんかしたくない!
―― そう思っていたひとも、月日が流れ、自分も年齢を重ねて行くうちに「わかりあえるパートナーが欲しい」「再婚してもいいかな」と考えはじめるケースもあります。

幸せな再婚への道

幸せな再婚への道とは?


回は「再婚でもうツライ思いをしないですむ方法」=「幸せな再婚(彩婚)の方法」五箇条をお伝えいたします。 

▼INDEX
1.離婚の原因を客観的に眺めてみる
2.自身の反省ポイントをプラスに書き出す
3.アサーティブな関係を作れる自分にする
4.幸せな自分でいる
5.周囲への感謝を忘れない


1.離婚の原因を客観的に眺めてみる


離婚の原因を「相手が悪かったから」と100%相手のせいにいしたり、「自分が悪かったから」と100%自分のせいにしていたのでは、前を向いて進めませんよね。

離婚の原因は分量はそれぞれですが、片方でなく双方にあるものです。

金銭的なこと、異性関係のトラブル、嫁姑問題など離婚の原因は多岐にわたりますが、どうしてそうなったのか「客観的に」考えてみることが同じ道を歩まないために大切です。

「客観的に」考えられず「感情的」になってしまうときは、再婚相手を探すのはまだ早いのかもしれません。
客観的に眺め学びを活かす

客観的に眺め学びを活かす



2.自身の反省ポイントをプラスに書き出す

離婚原因を客観的に考えたら、自身の改善ポイントをプラスに書き出すことが大切です。

たとえば元パートナーが金銭的にルーズな人だったなら、「借金のことを何も気がつくことができなかった」とマイナスに反省するのではなく、「お金は大切なのでパートナーとはきちんと話あえるようにする」など、バツイチであることの学びがその後に活かせるようにすることがコツです。


3.アサーティブな関係を作れる自分にする

パートナーと素直な関係を築く

パートナーと素直な関係を築く


アサーティブな関係とはとても簡単に表現すると「素直に対等な関係を築く」という意味です。

バツイチの方の特徴に、良い妻・良い夫でいようとして、嫌だと言わずに我慢を重ねて爆発してしまう、ということがあります。一方、パートナーとの関係が上手な人の特徴は、パートナーと違和感を感じた時に「自分はこう思うよ」と素直に伝えられることです。

「私はこんなに我慢していた」とある日突然爆発をされるよりも、
小さな違和感を素直にその都度伝えてくれたほうが、パートナーにとってもありがたいはずです。


4.幸せな自分でいる

幸せな自分でいる

幸せな自分でいる


素敵なパートナーと巡り会えるひとの特徴は、巡り会える前から幸せである、ということです。

素敵なひとは不幸オーラより、幸せオーラに溢れているひとを好むからです。
バツイチの私が幸せになっていいのか、どうせ幸せになれない、と迷いの中にいてはなかなか幸せになれません。自分を慈しみ幸せに導く思考をもちましょう。


5.周囲への感謝を忘れない

時を重ねて良い夫婦へ

時を重ねて良い夫婦へ


幸せに輝いている人の特徴に、感謝の気持ちを忘れない、というのがあります。大きな助けをしてもらったときは誰でも感謝すると思いますが、日常の些細なことにも感謝できる、感謝することに慣れない(傲慢にならない)人は、老若男女関係なく、常に輝いて幸せそうです。

自分が辛い時でも他人の幸せを喜び、感謝を忘れないひとをみんな応援したくなります。

些細なことで感謝できる人は、新しいパートナーとも関係がうまくいきやすくなります。


次の結婚こそは!と条件を並べて息巻くよりも、バツイチであることの学びを客観的にやさしい気持ちで活かす方が、幸せな再婚(彩婚)の近道といえるでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。