こなれて見えて実は簡単に出来るギブソンタックの基本

手が込んでるように見えて実は簡単に出来るギブソンタック。海外では定番のヘアアレンジでセレブやモデルの間でも大人気です。今回はそんな簡単で可愛いギブソンタックの基本を紹介します。人気の“くるりんぱ”にも似ていてヘアゴムとアメピンさえあれば簡単にでき、覚えておくと便利な万能スタイルなので是非トライしてみて下さい!
hair make WAKO

hair make WAKO


 


ベースのスタイル

ローレイヤーロング

ローレイヤーロング


 

胸上のローレイヤー ニュアンスパーマ。ストレートの方は32ミリのアイロンでワンカール巻いておくとアレンジしやすくなります。
 

似合うタイプ

顔型  すべてOK
髪質  すべてOK  
髪量  やや少ない~多い
クセ  すべてOK  

 

ヘアアレンジの方法・やり方

z

ざっくりとスライスをとるとナチュラルな仕上がりになる


 

1.前髪以外を3等分にブロッキングし、センターの髪をダックカールで仮留めしておきます。











 

z

顔周りが浮かないように引っ張り気味に結ぶと良い


 

2. 1で分けとった両サイドの髪をハーフアップのように耳の高さより、やや下の位置で結びます。











 

z

きつめに結ぶともちが良い


 

3. 2の毛束と仮留めしておいた髪をあわせ一束に結びます(今回は分かりやすいようにカラーゴムで結んでいます)。











 

z

内側の髪が表面に見えてくるので、毛束がロール状になる


 

4. 3の毛束の結び目を持ち、2の毛束の真ん中をあけるようにして左右に分け、毛束を“くるりんぱ”の要領で上から折り込むように中に入れ込みます。











 

z

センターに向かって入れ込んでいくとたるみがとれる 


 

5. この時点で毛束がロール状になってきます。余分なたるみがでないように、右手に毛束を持ち替え中に入れ込みます。











次ページでは、ピンの留め方と仕上げのポイントをご紹介します。