狭いスペースを上手に活用!1LDKの収納術

ひと部屋ある寝室以外は、家族で過ごすオープンスペースだけというSさん宅。リビングダイニングの壁にペールグリーンとイエローを使った、爽やかなインテリア。明るい室内に木製の家具を配した部屋は、穏やかな北欧風のイメージです。そのゆったりとした空間で子どもがのびのびと過ごせて、オトナも気持ちよく居られるように、収納場所のビフォーアフター作業を行いました。

LDKの収納をどう使う?

2LDKから1LDKに間取りを変えて暮らしているSさん宅。3人のお子さんは6歳、4歳、2歳で、子どもたちのモノがどんどん増えるけれど、収納場所は寝室のクローゼットと廊下の小さな物入れ、そして今回作業をするリビングダイニングの物入れとウォークイン収納だけです。
今回の片付け作業では、ウォークイン収納から取りかかっています。中身を全部出してから、収納しなおしたあとの様子を動画でご覧下さい。扉裏を使って服やカバンを吊るしているSさんの工夫は、そのまま活かしています。
1LDKの見取り図

2つの収納は隣り合わせの関係で、一つはダイニング側、もう一つはキッズスペース側

Sさんの意向は、「ウォークイン収納は、主に子どもたちの服をしまいたいです。そして、物入れには家事関係のモノを入れようと思います」ということでした。そこでまずは、色々な種類の持ち物がしまわれているウォークイン収納から取りかかります。

片付け作業のポイントは次の通りです。
・2つの収納に分散している持ち物を、子ども用と家事用にジャンル分けして、配置替えをする
・収納用品は買い足さずに、手持ちのものを利用する
・無理に捨てなくてもいいモノは残す

片付ける内容が決まったので、さっそく作業に入ります。

収納スペースから全部取り出す

LDの一角にはSさんのワークデスクがあり、子どもたちのおもちゃや絵本などをしまう棚のある所がキッズスペース。その近くにあるウォークイン収納に子どもの服がしまえたら、動線が良くなるとSさんは言います。
片付け作業

右は取り出す作業の中間段階の様子。このあと布団やキャンプ用品などが出てくる

そこで、ウォークイン収納にしまってある持ち物をすべて取り出して、仕分け作業をしていきます。中にあったモノはおもちゃ類、子供服、クリスマスなど季節の飾り物、書類、CD、ミシン、布地、アルバム、ホットプレート、キャンプ用品、客布団、クッション、カーテンなど多種多様。広さ1畳弱の収納から出てきたのは、広げると4畳程度の分量でした。

持ち物の全貌が分かったので、次は収納内をどう使うかについて考えます。