子ども2人、4人家族のマンションでの収納はどうする?

6歳と3歳の子どものいるKさん。今のマンションに住みはじめて5年が経ち、子どもたちがどんどん成長して、生活が変化してきています。これからもこのままでいいのか?でも、何からどう手を付けたらいいのか分からない。ということで、Kさん宅の片付けがスタートしました。

部屋ごとに収納の現状をチェック

73平米のマンションに暮らす4人家族のKさん。3LDKなのですが、ひと部屋がパパの書斎なのに納戸のようになっているとのことです。Kさんによると、「その部屋が活用できていないので、そこを子ども部屋にして、書斎をリビング脇にしようかしら」。そして、「子どもたちの2段ベッドを置いて、収納家具を買い足せば、おもちゃや学用品がそこにしまえるかも」。部屋の使いみちについて迷っている様子です。
間取りと収納

限られた間取りと収納のなかでやりくりしているのは、Kさん宅だけではない

現状を見てみると、書斎にはデスクと本棚があり、大きなオープンラックにはコートを掛けて、マフラーや子どものスイミング用品などが置かれています。備え付けのクローゼットには、夫婦の服とバッグがしまわれていて、すでに埋まっている状態です。

子ども部屋には棚と整理ダンス、おもちゃ箱が置かれ、備え付けのクローゼットには子供服とおもちゃ、節句人形が収納されていて、一部分はKさんの趣味の道具もあります。その道具を使うのはリビングダイニングなので、収納場所としては都合がいいようです。

「新1年生になる上の子は、ダイニングテーブルで勉強するはず。リビングと子ども部屋が続き間になっているので、広々とした所で今は自由に遊んでいます」とのこと。子どもたちにとっては、独立した別の部屋ではなく、家族のスペースに近い今の場所が良さそうです。

では、部屋の使い方を変えずに片付けるには、どうしたらいいのでしょう。

大きな収納から片付け始める

どこから手を付けたらいいのか?そのスタート地点を探ります。

どの部屋もきれいに使っているのですが、洋服の収納場所が3カ所に分散しています。書斎には夫婦のオンシーズンのもの、寝室には家族のオフシーズンのもの、子ども部屋には子どもたちのオンシーズンのものといった具合。収納スペースと服の分量から考えると、季節に合わせて服の入れ替えをしてやりくりする、今のスタイルをそのまま残すのが無理のない収納法です。
ウォークイン収納

積み重なって床が見えない。奥にしまってある荷物までたどり着けない

そこで、この家で一番大きな収納場所に注目。寝室にあるウォークインクローゼット(以下WIC)の使い方を点検することにしました。そのWICの現状を見てみると、持ち物がたくさんあって中に踏み込めない状態になっています。衣装ケース、棚、旅行カバン、ゴルフバッグ、アウトドア用品、ドアリースなど、ハンガー掛けの服以外の荷物で満杯です。でも、ここが有効に使えれば、シーズンオフの服を中心として、かさ張るレジャー用品などが、もっと使いやすくしまえるかもしれません。

それでは早速、WICの中身を棚卸します。出てきました!色々なモノたち。