【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

女性の40代は、前半と後半で大きく異なる

40代女性の前半と後半の違い

40代女性の前半と後半の違い


自分が40代を抜けて数年たつせいか、客観的に「あの頃」を見ることができるようになった。同時に、周囲の40代を見ていると、10年の中でこれほど前半と後半が変わる年代も珍しいのではないかと感じている。
 

40代前半は30代より精力的

40代前半。女性ホルモンが激減して相対的に男性ホルモンが優位になるせいか、なにごとにもアグレッシブに取り組む。結婚していれば、子どもたちもそれほど手がかからなくなり、自分自身に目が向く時期でもある。生涯にわたって趣味となるものに出会うことも多いようだ。

独身で仕事をしていると、この時期に昇進などもあり、ますます仕事にのめり込む。人間関係も広がり、つきあいも多くなる。

一方で、微妙に悩みも出始める時期かもしれない。既婚者は「セックスレス」「夫との関係」に違和感を覚えることも増えるだろうし、独身者は「結婚して子どもを産むなら、最後のチャンス」と感じて、若干、焦りが生じてくる。

それでも40代前半は、心身ともに元気だし、30代よりむしろ充実した毎日を送っていると実感している人も多い。
 

40代後半は一気にすべてが停滞

ところが45歳の声を聞いたとたん、女性たちのトーンがおかしくなる。
「四捨五入したら50歳だと思ったら、理由もわからず落ち込んだ」
そう言う女性の多いこと。女には「50の壁」が厳然と存在するのだと、つくづく思う。

人生50年と言われた時代もあったし、女性の平均閉経年齢は50.5歳。そしてその前後5年ずつがいわゆる「更年期」と呼ばれる10年。その入り口に立ったとき、「もうじき、私のオンナが終わる」と感じるようなのだ。

しかも、実際に体調不良に悩まされることも増えていく。いくら染めてもすぐ白髪が目立つようになるし、シミやシワ、肌のたるみなども、もはや見て見ぬふりができない段階。

他者と比べるまでもなく、「当社比」で「自分の品質ががた落ち」だとわかるのだから、現実は厳しい。更年期によって、頭痛、肩こり、抑鬱状態などの症状が現れることも多い。

とにもかくにも、品質劣化が避けられないのだ。既婚、独身問わず、女性たちは突然、焦燥感に襲われるようになる。
「私もそうだった。美魔女と言われるような人を見ると、それだけでイライラして。でもそれは自分の劣化によるコンプレックスなんだけどね。しかも私はその時期、父親が倒れて介護をせざるを得なくなった。さらに自分自身も乳がんが見つかったりして、もう最悪。なのに、寄り添ってほしい夫は、会社が危なくて仕事三昧。何度死にたいと思ったことか」
ヒロコさん(仮名=53歳)は、そう40代後半を振り返る。自暴自棄になるほどの元気もなく、ただ落ち込んでいたという。

逆に、この時期に「最後のひと花」とばかり、男に走る女性もいる。
「私は結婚して、子どもをふたり産んだけど、一度もセックスがいいなんて思ったことがなかった。40代後半になったとき、このままでは死ねない、一度でいいからオンナとして性的に感じたいと強烈に思ったんです」(52歳)
出会い系で男を求めたが、うまくいかない。パートのお金をはたいて出張ホストを買ってみた。同窓会で再会した、当時好きだった男性にも自分から粉をかけて関係をもった。

それでも、「オンナとして感じうる最高の快感」には出会えなかった。50歳を迎えたとき、彼女は「男漁り」をやめた。

個人差はあるが、女は40代という10年間で、天国と地獄を見るのかもしれない。だが、その10年を切り抜けた女性たちは、みんな口を揃えて言う。
「つらかったらつらいと言えばいい」
「我慢しないでやりたいことをやればいい」

そう、他人の目など気にする必要はない。やりたいようにやればいいのだ。心穏やかに「いい子」でいようと思うからつらくなる。荒れるときは荒れればいいのだ。

「女」は50歳で終わりではない。女は灰になるまで「オンナ」なのである。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。