一度失敗しているので同じ轍は踏まない

年齢を重ねたからこそ、お互いを思いやれることもある

年齢を重ねたからこそ、お互いを思いやれることもある

熟年再婚をする人は、長い間独身でいた人が多いのが特徴です。中には独身を満喫している人もいますが、ずっと寂しい思いをしてきた人もいるのは事実です。しかも年齢を重ねていく中で、経済的な面や体力の衰えを感じたり、場合によっては介護の心配も出てくるでしょう。そのため、一人よりは二人のほうがいいと考えることが多くなってきて、心の平安や生活の安定を求めるようになります。

しかも、かつては手にしていたものなので、失ってみてはじめて大切さに気づく人が多くなります。もちろん熟年という年齢も関係していますが、平安や安定に対する考えは若い人よりも根強いのは確かでしょう。

そのため、お互いに再婚同士の場合には、今度は離婚をしたくないという気持ちがあり、仲良く暮らしたいと強く願うようになります。こういった気持ちは相手への気遣いとして表れます。文句を言い過ぎて取り返しがつかなくなるようなことはありませんし、相手の地雷も踏むことはありません。

自分の弱点をしっかり認めている

離婚をしたタイミングがいつであっても、何らかの原因があったのは間違いありません。それをしっかり認識している人であれば、それを踏まえて今度は間違いがないようにしようと考えるものです。たとえば、相手の欠点ばかり見えてしまって文句ばかり言っている人ならば、今度は多めに見ようと思うでしょう。

ある程度の年齢になって社会経験を積んだこともあって、改心というか、そういった心の変化があってそれを次に活かせるのも熟年再婚のいところかもしれません。

前のパートナーと比べられていると感じてしまう

一方で、熟年再婚には悪い点もあります。それが、前のパートナーと比べられていると思うこと。実際には比べていないとしても、そう感じてしまうことがあるのです。それは、自分の年齢に関係しています。

相手が前の人と結婚していたのは今よりも若いときです。ということは、相手も若い人だと思うと、年をとった自分に自信が持てなくなってしまうのです。

これに関しては、相手も同じように年を重ねているんだからと思うのが一番でしょう。だからこそ、年齢を重ねた自分を選んだと考えればいいのです。

子どもとの信頼関係をつくりにくい

50代の人には10代後半から20代の子どもがいることが多々あります。独立しているならまだいいのですが、大学生ともなるとお金がかかります。実は、熟年再婚をしたけれど、子どもの教育費がバカにならないという話もよくあります。

また子どもがある程度の年齢になってくると、なんとかく境界線があるように感じることも。なのでお互いにギクシャクしてしまい、信頼関係がなかなか築けないこともあります。

これに関しては、無理は禁物です。子どもにしても、何も考えられない年齢ではないはずなので、子どもの出方を見るのもアリでしょう。ただ、子どもがいることは前もってわかっているので、こういったことが起こりえるという覚悟をもって再婚する必要はあると思います。

▼熟年再婚についてもっと知りたいなら

熟年再婚を成功させるために確認すべきこと3つ
熟年再婚の2大トラブル、お墓と相続。その解決法は?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。