【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

1.子どもを産むかどうか

熟年再婚を成功させるために確認しておきたい3つのこと

熟年再婚を成功させるために確認しておきたい3つのこと

熟年の再婚と若い人の再婚において、一番の違いは何かというと、子どもをもつかどうかという点です。

現在では男性女性ともに50代であっても子どもがほしいと思う人が増えてきていて、実際に不妊治療などによって50代でも子どもを産むことができます。ただ、多くの女性は50代になると、自分が出産をする当事者になるということを考えると不安になります。そして出産をあきらめるのも事実。そのため、熟年再婚においては、子どもをもつという選択肢はほとんどないといってもいいでしょう。

一方で男性は、何歳になっても子どもがほしいと思う傾向にあります。やはり子孫や家系のことを考えてしまうからですね。この点は女性よりも強い思いがあるので、子どもをもつかどうかはしっかり話し合いをするべき点といえます。その上で意見の合致がないと熟年再婚は難しいといわざるを得ません。

2.再婚生活を2人で楽しめるか

熟年再婚だからこそ、これからの生活については真剣に話し合う必要がある

熟年再婚だからこそ、これからの生活については真剣に話し合う必要がある

お互いに子どもをあきらめた同士の場合、これからの生活を楽しめるかどうかがポイントになります。

生活を楽しむという中には、趣味をもつ、旅行に行く、といったことがあるので、その点での考えの一致が必要でしょう。一番の理想は、2人が同じ趣味を持っていること。もともと趣味を通して出会ったのであれば問題ありませんが、そうでないなら趣味の一致がないこともありえます。

この場合には、相手に自分と一緒に楽しんでもらう努力をするよりは、趣味を楽しむことを理解してもらうようにするのがいいと思います。趣味に時間を割くことがあるでしょうし、当然ながら多少なりともお金がかかるからです。

相手の理解を得るためには、趣味を楽しんでいる自分を見せるのが一番いいでしょう。イキイキとしているなら、見ているほうも気持ちがいいものです。

3.2人で生活していくだけのお金の目処がたつか

2人で生活を楽しむためには、けっこうなお金がかかることもしばしば。もちろん、普段の生活にも一定額のお金がかかります。そのため女性は男性に経済力を求めます。

初婚のときでも同じですが、年齢を重ねるとなおさらお金に対しての不安も大きくなります。その反動もあって、お金で苦労したくないという気持ちが強くなってくるので、お金に関しては必ず確認しておきましょう。

▼熟年再婚についてもっと知りたいなら

熟年再婚のメリットとデメリット
熟年再婚の2大トラブル、お墓と相続。その解決法は?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。