様々な問題を抱えていたホンダ式ハイブリッドも、おすすめできる仕上がりに

ホンダ・シャトルの評判が良いので、売れ筋となっているハイブリッドモデルに試乗してみた。概要はすでにこちらの記事で紹介しているため、乗った印象のみ。Dレンジをセレクトしてアクセルを含むと、フィットハイブリッドの初期型で指摘されていたギクシャク感が大幅に減少。かなり滑らかに走る。

シャトル

評判も上々なホンダの新型コンパクトステーションワゴン「SHUTTLE (シャトル)」


全く変速感の無いトヨタ式ハイブリッドや、同じホンダでもCVTの継ぎ目の無い加速感に慣れていると、少しばかり変速時の「継ぎ目」(前後方向の加減速)は感じるが、5速ATなど通常の多段ATから乗り換えた人なら全く気にならないレベルだと思う。このクルマくらい仕上がっていれば文句なし。

絶対的な加速感も上々。車重はフットハイブリッドより110kgくらい重くなっているものの、同じハイブリッドシステムを使うヴェゼルより110kgも軽く、ジェイドと比べれば300kg以上軽いのだった。ジェイドだとアクセルレスポンスの悪さを痛感するけれど、シャトルなら「軽快に走りますね」。

ホンダ式のハイブリッドは車重が軽いほどメリットが生きてくる。シャトルの車重なら弱点だって感じない。また、システムそのものも大きく進化しているらしく、追い越し加速はレスポンス&加速感ともに上々。様々な問題を抱えていたホンダ式ハイブリッドながら、おすすめできる仕上がりになった。

新型シャトルは買い物好きファミリーの魅力的な相棒になってくれるはず

シャトル

室内の使い勝手はやはり「素晴らしい!」の一言


気になる燃費だけれど、東京都内の混んだ街中を普通に走って18km/L程度。同じような車重のカローラ・フィールダーのハイブリッドと同等か、わずかに負ける程度。逆に流れの良い道や高速巡航なら22km/Lを楽々越える。総合的に評価すれば、トヨタ式ハイブリッドと良い勝負だと思う。

乗り心地はベースになったフィットより明らかに良い。日本の自動車評論家で一番乗り心地にウルさいであろう私の基準でも「このクラスの日本車として評価すれば良いですね」。同業者が絶賛するほど上質とは言えないけれど、私がシャトルを買ったとしても標準状態のまま乗っていられるレベル。

もう少し初期の動きが滑らかになれば一段と印象は良くなるだろう。1万kmくらい走れば若干改善されるかもしれません。このあたり、購入を考えているならディーラーで試乗して評価していただきたい。少なくともカローラ・フィールダーよりずっと好ましいです。全般的に良いクルマだと思う。

室内の使い勝手は「素晴らしい!」としか言えない。紹介記事でも書いた通り、このサイズのクルマとして考えれば世界一のスペース効率を持つ。大人4人がユッタリ座れ、さらに広大なラゲッジスペースを残す。その気になれば後席にチャイルイドシートを2つ付け、その真ん中にお母さんだって座れる。
シャトル

新型シャトルはお買い得なファミリーカーといえる一台


また、追突事故に遭った時も長い長い後部のクラッシャブルゾーンを確保しているため(リアバンパーから後席までの距離は日本車有数!)、後席の乗員の保護能力だって高い。コストコやイケアでの買い物が好きなファミリーなら、相当魅力的な相棒になってくれると思う。

【最近の記事】
マツダ・ロードスターが受注に伸び悩んだ3つの理由
スズキ「デュアルカメラブレーキサポート」が凄い理由
新型ステップワゴンと日本のチャイルドシート事情


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。