光老化の原因となるUV-Aを防ぐPAとは

日焼け止めの強さを表すSPFとPA。SPFは、UV-Bを防ぐ数値を示しています。UV-Bは、波長が短く、真皮にまでは到達しませんが、しみやそばかすの原因になる紫外線のこと。
光老化の原因となるUV-A

光老化の原因となるUV-A


PAは、Protection Grade of UVAの略で、UV-Aによって肌が黒くなる「サンタン」を
どれほど遅らせるかを数値化したもので、+の数が多いほどカット力が強くなります。UV-Aは波長が長く肌の深部(真皮)まで届いてコラーゲンやエラスチンといった弾力線維を破壊します。UV-Bと比べてそれほど急激な作用はありません。しかし知らず知らずのうちに肌のハリや弾力を失わせ、シワや毛穴の原因となる光老化を促進させているのは実はUV-Aなのです。

しかもUV-Aは波長が長いため雲や窓ガラスも通り抜け、晴れた日にしか心配がいらないUV-Bよりも20~30倍の量が注がれています。ですから、曇りの日は日焼け止めを塗らなくてOK、は光老化を加速させる大きな間違いと言えます。ついついSPF値を重視しがちですが光老化から肌を守るのであればPA値を気にして選ぶことも大切です。


紫外線を上手に防ぐための注意点

デイリーに日焼け止めを使用する際は、SPF25~35 PA++、アウトドアやレジャーであればSPF40以上PA+++以上と使うシーンに合わせて選びましょう。今年は、SPF50+PA++++の日焼け止めが各メーカーから多く発売されています。以前のものに比べると、肌に負担が少なく塗り心地も格段に良くなっています。気になるアイテムがあれば、試してみるのもよいでしょう。

数値はあくまで目安ですので、2h~3hごとにこまめな塗り直しが必要です。汗をかいたら2時間おかずに、すぐに塗り直すことを忘れずに。肌が弱い方は、紫外線吸収剤が入っていないものや、敏感肌タイプのものを選ぶようにしましょう。日焼け止めだけでなく、洋服や帽子、サングラスなども活用するとよりカット効果が高くなります。

紫外線を浴びた直後は肌に炎症が起こっていますので、まずは冷やし、ほてりがおさまったらローションパックなどで水分補給をし、その後乳液などで保湿を行います。炎症が落ち着いたら、メラニンの排出を促す「角質ケア」とメラニンの生成を抑える「美白ケア」を行うとよいでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。