中医学では、春には春の特徴と養生法があるように、自然に寄りそうことで健康でいられるといいます。その発想を活かしたものがアユーラの入浴料シリーズにあるので、ガイドの視点でまとめてみました!

蓬香草湯(よもぎそうとう):春向け
不安定な心や、冷えや乾燥が気になるタイプにも

ホッと安らぐハーバルグリーンの香り。1包タイプ25gundefined190円/多包タイプ10包入undefined1,800円(ともに税抜)

ホッと安らぐハーバルグリーンの香り。1包タイプ25g 190円/多包タイプ10包入 1,800円(ともに税抜)

春は中医学的にみても、陰陽の転化の時期。気温や生活環境の変化などで、肌・からだ・心が不安定になりがちなのですが、そんなナイーブな季節にあわせ香りにブレンドしているのが蓬(よもぎ)、桜葉、ユーカリやカシスです。

蓬の収穫時期はまさに春。生薬では艾葉(がいよう)と呼び、カラダを温める生薬ですが、とくに子宮に通じる経絡を温め止血作用があるので、婦人病にも用いることができます。

桜葉エキスは保湿や肌荒れ予防効果などがあるとされ、化粧品にも配合されていますが、保湿成分としては甜茶や蓬エキスもプラスされ、まだまだ不安定な春の陽気とあわせ、乾燥や肌荒れのケアにもなっています。

薄荷香草湯(はっかこうそうとう):夏向け
朝風呂派や、爽快感が好きなタイプにも

クールな清涼感がたまらない!1包タイプ25gundefined190円/多包タイプ10包入undefined1,800円(ともに税抜)

クールな清涼感がたまらない!1包タイプ25g 190円/多包タイプ10包入 1,800円(ともに税抜)

日本の夏は高温多湿で、夜も寝苦しい。かといって冷房をかけすぎると冷えもツライ。だから心身の疲れも取れない……そんな悩みに寄りそうような配合になっているのがこの入浴料。リフレッシュする香りのもとは、レモン、グレープフルーツ、コリアンダー。ついつい夏場はシャワーのみですませたくなりますが、入浴後の爽快感を楽しめるのは夏場だからこそ。

エキスには薄荷(はっか)にも多く含まれるメントールや高麗人参が入っており、薄荷は発散作用があり、夏風邪などの邪気を吹き飛ばしてくれる生薬でも有名です。高麗人参は気力をアップする生薬で、疲労回復にもよいのですが、保湿成分としても配合されています。短時間でいいので、熱ごもり・内冷えを解消する夏場の入浴はガイドもオススメです!

山椒香草湯(さんしょうこうそうとう):秋向け
気血の流れが悪く、老廃物がたまりやすいタイプにも

スパイシーな香りで心もカラダもめぐる。1包タイプ25gundefined190円/多包タイプ10包入undefined1,800円(ともに税抜)

スパイシーな香りで心もカラダもめぐる。1包タイプ25g 190円/多包タイプ10包入 1,800円(ともに税抜)

夏は気力体力を失うほどの猛暑が続き、やっと涼しくなったかと思うとあっという間に冬になる……このような現代の厳しい気候にあわせ、秋は夏の疲れをしっかりととり、めぐらせるのにピッタリなエキスを配合しているのが山椒をメインとしたこの入浴料。

山椒は生薬では温裏薬(おんりやく)、つまり内臓を温めて寒さや痛みを散らす作用があります。なお保湿成分として枇杷葉、牡丹、芍薬根を配合していますが、枇杷葉は生薬では咳や痰を鎮めるので秋によく、牡丹皮や芍薬そのものはこもった熱を冷まし、血のめぐりをよくする働きがあります。

ガイドが絶妙だなあと感じたのがこの香り。個性的な山椒の香りが、林檎・花梨・枇杷の花・ローズマリーとあわせることでスパイシーだけど尖がりすぎず、すっきりとしたアロマに仕上がっています。

漢方好きもトキメク?薬用入浴剤のご紹介や、五感に効く入浴法は次のページで!