ベースカラー別「似合うチークの色味」

チークは、ただ入れればいいわけではなく、肌色に合わない色を入れてしまうと、致命的……。顔がくすんで見えるたり、顔だけが浮いて見えるなどの違和感が生じます。

ピンク系やオレンジ系など、チークの色味は様々。単にピンクといえども、ものによって"青みのあるピンク"と"黄みのあるピンク"に分けられ、オレンジやベージュなど、その他の色味も同様です。各チークカラーによって、"青み"のある色"、"黄み"のある色"と色味が分かれるので、それをベースカラーをもとに、自分の肌色に合う好みのチークをチョイスします。

パーソナルカラーの観点からも、ブルーベースの肌色になじみやすい色は、"青み"のある色、イエローベースの肌色になじみやすい色は、"黄み"のある色と区別できます。

チークの色味別「印象の見え方」 

ピンクやオレンジ、ベージュにレッドなど、チークの色味は、実に様々。チークの色味で見える印象も変わります。

・ピンク系
かわいらしく、ふんわりとした印象

・オレンジ系
キュートで、アクティブな印象

・ベージュ系
ヌーディーで、大人っぽい印象

・レッド系
血色をダイレクトに表現。ポップなイメージの中にも、入れ方によっては、大人っぽい印象に。


ブルーベースの肌に似合うチークはこんな色

キャンメイク パウダーチークス PW16

青みのあるオレンジカラー

青みのあるオレンジカラー

青みのあるカラー。オレンジは、ヘルシーな印象を与えます。ピンクでも、ローズ系が透明感も出て、涼しげな印象に。

 

イエローベースに似合うチークはこんな色

キャンメイク パウダーチークス PW25

黄みのあるピンクカラー

黄みのあるピンクカラー

黄みのあるカラー。ピンクでも、少し黄みがかったコーラルピンクで、肌なじみの良い血色を演出。

 
次ページでは「チークのテクスチャーによる仕上がりの差」について紹介します。