イジワルを言ったかと思えば、次の瞬間には優しくしたりと心理的な揺さぶりをかける男性っていますよね。このような男性は自分の思い通りにならないと不機嫌になったり、怒りだしたりといった困ったところがあります。そんな「揺さぶり男」にハマらないためにも、その特徴を解説いたします。

「揺さぶり男」の正体とは?

不敵な笑みを浮かべる男性

ハマるとキケンな「揺さぶり男」って?

「心理的に揺さぶる」というのは、「心理的なプレッシャーをかけて相手を動揺させる」ことです。何のために揺さぶるのか、その目的は3つあります。

  1. 自分を守りたい
  2. 相手を自分の思い通りにしたい
  3. 自分を大きく見せたい

これら3つが目的の「揺さぶり男」の正体は、次のようなものだといえます。

  1. コンプレックスが強く、自信がない
  2. 傷つきたくない小心者
  3. 支配欲・独占欲が強い

「揺さぶり男」の手口は?

「揺さぶり男」の手口は、きわどい交渉術といわれている「ゲームズマンシップ」にそっくりです。「ゲームズマンシップ」とは、相手の判断力を奪うためにわざとイライラさせたり、相手の自信を失わせようとしたり、急に態度を変えて相手に精神的プレッシャーを与えたりして、有利に交渉を進める手法のことです。

「揺さぶり男」の手口で具体例を挙げると分かりやすいでしょう。たとえば、皆から可愛いと言われてちやほやされている社内のマドンナに向かって「スタイルが悪い」とか「センスがない服を着ている」とかわざと嫌なことを言って精神的ダメージを与え自信を失わせようとしたり、「君は可愛くないし、要領が悪いし、本当にダメな女だな」とキツイ口調で言った後に「でも、いつも一生懸命頑張ってるのを俺は知ってるよ」と包み込むように優しく言って動揺させたり……。

このような心理的揺さぶりは、相手の判断力を奪い、自分に有利に事を進める効果があります。また、心理的に揺さぶられ続けると、正常な判断ができなくなり、常に「揺さぶり男」の言動が気になってしまうように……。そうなると、「揺さぶり男」の思うがままになってしまいます。

オーバーに思われるかもしれませんが、自信がなく、傷つきたくない小心者なのに支配欲や独占欲が強い「揺さぶり男」は、「なんとかして相手を自分の思い通りにしたい」と常に考える粘着質な性格の持ち主である場合も多く、ストーカーになってしまう危険性もあるので注意が必要です。

次のページでは、「揺さぶり男」にハマりやすい女性のタイプについてお話しいたします。