初心者でも自分にぴったりの自動車保険が選べる!

車を買う際、ディーラーや代理店におすすめされる自動車保険。でも「これって正解?」「もっといい保険は?」「内容は大丈夫?」など疑問はつきません。自動車保険を選ぶ際、最低限これだけ抑えておけば大丈夫!という3つのポイントをご紹介します。

ポイント1 保険は自賠責+任意が基本

万が一事故で人が亡くなれば数千万円~億単位の賠償となることも。自賠責だけでは補償が足りなくなります。

万が一事故で人が亡くなれば数千万円~億単位の賠償となることも。自賠責だけでは補償が足りなくなります

自動車を買ったら保険への加入が義務付けられています。それが「自賠責保険」です。

では、これさえ入っておけばOKかと言えば、そうとも言い切れません。事故で相手にケガなどさせた場合、賠償額は高額になりますが自賠責保険で補償されるのは最低限の金額だからです。

【自賠責保険の補償内容】
・傷害 120万円
・死亡 3000万円
・後遺障害 4000万円


これでは物足りないうえ、相手の財産(車、家屋)、自分のケガの補償は一切ゼロ。大けが、死亡時にもまったく保険金を受け取ることはできません。愛車の補償もゼロです。そこで任意保険が必要となるわけです。

ポイント2 任意保険は補償内容や保険料などを確認

任意保険に入るには、各保険会社が用意している保険を選ぶ必要があります。

各保険会社の任意保険は全てが同じではなく、会社によって保険金額や補償内容、サービスなどに差があります。選ぶ際の決め手は以下のようなものがあります。

【任意保険を選ぶ上での要素
・保険・・・・安いほうが助かります
・会社のブランド・・・・老舗の大手保険会社か、最近耳にするようになった通販型の会社か
・サービス体制・・・・代理店はあるのか、ロードサービスは充実しているのか

自分なら何を重視するのか、前もって決めておくとスムーズです。

さて、ディーラーで車を買うと、その時点で任意保険を勧められるケースがあります。しかしお勧めされる保険は何十社もあるわけでなく、ディーラーと連携が取れている数社のみ。もっと比較したい場合は、自分で見積もりを取る必要があるのです。

ポイント3、4については次のページで>>>