厚生労働省が認可している医薬部外品

近年の美白ブームにより、市販の化粧品もどんどんと進化を遂げています。美白成分も多くなり、化粧品をどうやって選んだらいいか分からない…とお悩みの方も多いのではないでしょうか?
悩んだら医薬部外品をチェック!

悩んだら医薬部外品をチェック!


そんな時に1つの指針となるのが「医薬部外品」です。医薬部外品とは、医薬品と化粧品の中間に位置。美白成分の効果が医薬品に準ずると、厚生労働省によって認められています。美白用の医薬部外品には必ず「医薬部外品」「日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐ」と表示されています。美白成分の名前が分からなくても、この表示が書いてある製品を選ぶと安心ですね。


医薬部外品に使用される主な美白成分

1) 「メラニン生成の指令をブロック」する美白成分
紫外線に当たると細胞を守るために、メラニンを作ろうとします。その指令を与えるのが情報伝達物質。これらが分泌され、メラノサイトに到達するとメラニンの元となるチロシンが作られます。情報伝達物質に働きかけるのがこのタイプの成分です。

カモミラET(カモミールから抽出。エンドセリン抑制)
t-AMCHA(シクロアミノ酸誘導体。色素沈着抑制)
TXC(メラニン発生の抑制)
トラネキサム酸(止血剤・消炎剤。メラニン生成の抑制)

2) 「メラニンに変える物質を抑制」する美白成分
チロシンはチロシナーゼによって黒色のメラニンになります。チロシナーゼを分解したり、その働きを抑制したりすることで、黒色のメラニンを作らせない働きがあります。

ビタミンC誘導体(ビタミンCを吸収しやすいよう加工)
プラセンタエキス(豚などの胎盤から抽出。メラニン代謝UP)
アルブチン(コケモモに含まれる。チロシンの結合を阻害)
ルシノール(モミの木成分に似せた化合物)
コウジ酸(麹由来の成分。院内処方で用いられる場合も多い)
4MSK(サリチル酸の誘導体。メラニン排出)
エラグ酸(ポリフェノールの一種。チロシナーゼ活性の抑制)

予防目的には「メラニン生成の指令をブロック」する美白成分、うっすらとシミができてしまったら改善目的として「メラニンに変える物質を抑制」する美白成分もプラスすることをおすすめします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。