クロアチア第二の空の玄関口、ドブロブニク国際空港

ドブロブニク空港

ヨーロッパ各都市からの国際便も発着するドブロブニク空港 (C)Airport Dubrovnik


ドブロブニク空港は、首都のザグレブ国際空港に続くクロアチア第二の空の玄関口。クロアチアの国内便はもちろん、ヨーロッパ各国からの国際便が発着します。空港が位置するのは、ドブロブニク市内中心部から約15km程南にあるチリピ(Cilipi)という小さな村の郊外。クロアチアを代表する空港のひとつと言えど、空港内は小さくてわかりやすいため、初めてご利用される方もご安心ください!空港内にはカフェや両替所、ATM、観光案内所やレンタカー会社の窓口などがあります。

国際・国内線到着ゲートを出てすぐの入り口付近からは、タクシーやドブロブニク市内に向かう空港シャトルバスが待機しています。空港から市内へのアクセスは、主に空港シャトルバスかタクシーの2つとなります。

空港シャトルバスで市内へ移動

ドブロブニク空港バス

ドブロブニク空港-旧市街-中央バスターミナル間を運行しているシャトルバス (C)Atlas


空港から市内への移動手段として安くて便利なのが、現地の旅行会社アトラス(Atlas)が運行している空港シャトルバス。このシャトルバスはドブロブニク空港-旧市街(ピレ門前)-ドブロブニク中央バスターミナル(グルージュ港)間を定期運行しています。シャトルバスのチケット売り場は、到着ゲートを出てすぐのところに位置するアトラスの窓口。万が一窓口が閉まっている場合は、運転手さんから直接チケットを購入できるのでご安心ください。チケット代は片道ひとり40クーナ、空港から旧市街(ピレ門前)までの所要時間は約30分程度です。なお、シャトルバスは飛行機の到着に合わせて運航しているので、深夜到着便を利用の際もご安心ください。

ドブロブニクバスロータリー

旧市街ピレ門前のバスロータリー

空港を出発後バスが停泊するのは、基本的には上に記した通り旧市街のピレ門前と、グルージュ港にある中央バスターミナルの2ヶ所のみですが、宿泊するホテルや目的地がバスの運行ルート上であれば途中、目的地付近で降ろしてもらえることもあるので、バスが出発する前に運転手さんに尋ねてみましょう。

 

ドブロブニクの市バス

オレンジ色の車体が目印、ドブロブニクの市バス

ところで、ドブロブニクの多くのホテルが位置するのは旧市街から少し離れたラパッド(Lapad)地区やバビン・クック(Babin Kuk)地区。(詳しくは「ドブロブニク基本情報」「ドブロブニクでおすすめのホテル13選/クロアチア」をご覧ください)これらの地区に建つホテルにアクセスするには、旧市街のピレ門前でいったんシャトルバスを降りて、そこで市バスに乗り換えて各ホテル付近まで移動する必要があります。ラパッド(Lapad)地区へは4番のバス、バビン・クック(Babin Kuk)地区へは6番のバスでアクセスできます。このように一旦乗り換えが必要なため、タクシーの方が荷物が大きかったり重たかったり移動が大変な場合は便利ですし、ある程度まとまった人数で旅行する場合はシャトルバスでの移動とあまり値段に大差がなくなることも。空港から市内やホテルへの移動はこのあたりも念頭に置いてお考えくださいね。

ドブロブニク旧市街

空港から旧市街方面に向かう途中、素晴らしい景色が見える

ちなみに、シャトルバス、タクシーいずれかで移動する場合も、進行方向に向かって左側の席に座ることをおすすめします。旧市街方面へ向かう途中、右の写真のような素晴らしい旧市街の様子を見ることができますよ!

次のページでは、タクシーで市内へ移動する際の留意点、市内から空港への移動についてお伝えします。