パレルモで食べるべき代表的なストリート・フード

palermo6

アランチーナはミート(トマトソース)かプロシュート&モッツァレッラの2種類が基本

【アランチーナ Arancina】
日本でもお馴染みのライス・コロッケ、アランチー二。なぜか日本では男性複数形名詞で呼ばれていますが、パレルモではアランチーナ(女性形単数)。複数形はアランチーネになります)。

【パニーノ・コン・ミルツァ Panino con milza】
ミルツァは脾臓のこと。つまり、内臓バーガーです。パレルモ弁では「パーネ・カ・メウツァ」
palermo7

パレルモ郷土ピザのスフィンチョーネ

と呼ばれています。数時間煮込んだ内臓をラードで炒めたハイカロリーフード。カッショカバッロチーズやリコッタチーズをトッピングしていただきます。

【スフィンチョーネ Sfincione】
甘酸っぱいトマトソースに、玉ねぎ、アンチョビなどを乗せたパンピザ。生地は極厚でサクサクフワフワした食感が特徴です。

palermo8

スティッギオーレとマンジャ・エ・ベービの屋台はこんな感じ

【スティッギオーレ Stigghiole】
羊や牛の大腸をぐるぐる巻きにして炭火焼にしたモツ焼き。マルサラの海塩とシチリアン・レモンをたっぷりかけていただきます。

【マンジャ・エ・ベービ Mangia e Bevi】
豚のパンチェッタを長ネギにぐるぐるに巻いて炭火焼にしたもの。日本食にもありそうな組合せで、日本人の心をつかみます。

palermo9

パネッレとクロッケをパンに挟んだパニーノも美味。パレルモ風コロッケパンに!

【パネッレ Panelle】
ヒヨコマメのペーストをフライにしたもの。塩とレモンでそのまま食べるか、パニーノに挟んでいただきます。揚げたては香ばしくてたまりません!セットで、クロッケ Crocche’(ポテトとイタリアンパセリのコロッケ) もどうぞ。

…などなど。市場や街角のバールやロスティチェリア(ストリート・フード的な揚げ物や惣菜パンを扱う店)で食べられます。

palermo10

海を見ながら食べ歩き♪も楽しい。パレルモ旧市街の「フェリーチェ門」をくぐれば、その先は海

2000年以上続く長い歴史の中で、列強国による複雑な支配文化と地中海の王国として君臨し、今なお残るクラス社会のはざまで生まれた、さまざまなストリート・フード。

パレルモ滞在中は、豊かな地中海の恵みや太陽に愛された食材を存分に使ったシチリア料理のひとつのカテゴリーとして、伝統のストリート・フードもぜひ。パレルモっ子の真似をして食べ歩きも楽しいですよ!(ただし、体重増加は自己責任です)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。