神秘的な伝統芸能に浸るバリ島の夜

バロンダン

人気のバロンダンスで使用されるお面


神々の島、千の寺がある島と呼ばれるバリ島では、人口の9割がバリ・ヒンドゥー教を信仰しています。近代化が進む街の中でも、たくさんの寺が佇み、至るところにお供え物が置かれ、祭りや宗教行事が行われています。夜になると寺や屋外からガムラン音楽が流れ、バリ島独特の雰囲気が漂います。

伝統芸能は宿泊中心地のクタから離れたウブド、ウルワツ等で行われることが多く、車で30分~1時間以上かかります。夜遅く終わるパフォーマンスの後、タクシーと交渉して中心地まで帰るのは一苦労。ツアーに参加すれば、ショーの終了後にガイドと合流するだけ。しっかり余韻に浸れますね。またケチャックダンスで有名なウルワツ寺院周辺は大渋滞するため、ガイドがベストな場所で降ろしてくれます。観覧席のベストポジションや分かりにくいチケットの買い方などももちろん教えてくれるので心強いですね。寺院をバックに綺麗な写真も撮ってくれます。

バリ島の夜を彩る伝統芸能パフォーマンス

バリ島には様々な伝統芸能があります。音楽と踊りで表現される芸能はヒンドゥー教の神への奉納として誕生したものが多く、鑑賞するだけで神秘的な世界に惹き込まれます。バリ島の夜は野外ステージや寺院で出かけてみてはいかがでしょうか。神々の島と言われる由縁に迫れるかもしれません。

■妖しくきらびやかなバリ舞踊とガムラン音楽
訓練を受けた踊り手さんは粒揃い

訓練を受けた踊り手さんは粒揃い

神へ捧げる奉納舞踊として踊られたバリ舞踊。きらびやかな衣装を身にまとった踊り子達が魅せる美しくかつ激しいダンスは、見ている人を強烈に惹きつけます。毎晩、寺院や屋外ステージで繰り広げられる公演は日替わりで異なる演目が上演され、その中でも人気の歌舞団「グヌンサリ」、「ティルタサリ」などはぜひ押さえておきたいところ。心の芯を揺さぶるような高鳴るガムラン音楽も熱いバリの夜の雰囲気を一層盛り上げてくれます。


■うねりを生み出す男たちのかけ声が熱い! ケチャックダンス
バックの夕日

バックの夕日も見どころの一つ

何十人もの男たちによる「チャッ、チャッ、チャッ」の合唱で有名なケチャ。その大地を揺るがすような迫力のあるかけ声は、一見の価値あり! 元々は疫病が流行った時に催される魔を祓う宗教儀礼でしたが、今は観光客向けの舞台劇でバリ島の人気パフォーマンスショーとなっています。ウルワツ寺院で行われるケチャが有名、息を飲むほどに美しい夕日をバックに始まるパフォーマンスは神々しささえ感じられます。


■バリ版シルク・ド・ソレイユ?! 今、最も熱いパフォーマンス 「デブダン」

迫力のあるパフォーマンス

迫力のあるパフォーマンスに圧巻!

インドネシア初の最新技術の屋内ステージ、デブダン。2015年4月に公演中の「デブダン インドネシア諸島の宝物」が話題です。エアコン完備の700席を設けた室内シアターで、空中アクロバットやダイナミックに火や水を使ったステージはシルク・ド・ソレイユがベースとなった演出で、インドネシアの島々の伝統文化を鑑賞できます。国際的に活躍する振り付け師、ステージ監修、アクロバットのプロの指導のもとに仕上げられたショーは迫力満点です。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。