スターバックスのハワイ限定アイテムを徹底紹介

とってもキュートなパイナップル型タンブラー。内側がステンレス加工で保冷が効く(空港にて23.95ドル)

とってもキュートなパイナップル型タンブラー。内側がステンレス加工で保冷が効く(空港にて23.95ドル)

ハワイらしいトロピカルなデザインが可愛いスターバックスコーヒーのハワイ限定タンブラー。SNSで話題となり、今やハワイ土産の定番となりました。しかし、ハワイ限定はタンブラーだけではありません。ハワイのスターバックスでなければ入手できない限定アイテムをまとめてご紹介しましょう。

<目次>  

バリエーション豊富なハワイ限定タンブラー

手書きタッチのヤシの木が描かれた陶器製タンブラー(22.95ドル)

手書きタッチのヤシの木が描かれた陶器製タンブラー(22.95ドル)

まずは王道のタンブラーから。「HAWAII」「WAIKIKI」の地名やトロピカルな絵柄が入ったタンブラーは、ハワイ好きはもちろん、誰がお土産にもらっても嬉しいアイテム。陶器製、内側がステンレスのもの、ストロー付きなどバリエーションはさまざまで、値段は15~23ドルぐらい。
 
タンブラーほか限定アイテムが充実しているワイキキのリザーブ店

タンブラーほか限定アイテムが充実しているワイキキのリザーブ店

どのデザインも、日本国内のオークションやフリマアプリで高値で取り引きされるほどの人気ぶりです。新作も毎年登場します。
 

自分土産に欲しいハワイ限定マグカップ

HIロゴがインパクト大の2016年発売マグは現在も継続中。同デザインのタンブラーも

HIロゴがインパクト大の2016年発売マグは現在も継続中。同デザインのタンブラーも

タンブラーほど種類はないものの、毎回雰囲気の違うデザインが登場するので欲しくなってしまうマグカップ。現在並んでいるのは、ハワイ州の略称「HI」とヤシの葉が描かれた涼しげなデザインです。ずっしりと重いので自分土産に。
 

スタバご当地マグカップ 「BEEN THERE SERIES」

2018年春の新作「BEEN THERE SERIES」

2018年春の新作「BEEN THERE SERIES」

上記のハワイ限定マグカップとは別に、北米の州や街が描かれたご当地シリーズのマグカップがあり、こちらもその土地でなければ購入できない限定マグです。このシリーズは、数年毎にデザインが一新されているのですが、現在販売されているのは、2018年春に登場した「BEEN THERE SERIES」。その土地にちなんだアイテムやその土地のシンボルなどがイラスト風に描かれた可愛いマグカップです。
 
グリーンとピンクで優しい色合いのハワイバージョン

グリーンとピンクで優しい色合いのハワイバージョン

ハワイは、ダイヤモンドヘッドやハワイアンモンクシール、アウトリガーカヌーなどが描かれたワイキキバージョンと、パームツリーにレインボー、ザトウクジラ、ウクレレなどが描かれたハワイバージョンの2種類(各12.95ドル)。オレンジ系のワイキキバージョンは、男性へのお土産にもおすすめのデザインです。
 

リザーブ店の限定アイテムも見逃せない!

ワイキキのクヒオ通りにオープンしたリザーブ店。高級感あふれる店内

ワイキキのクヒオ通りにオープンしたリザーブ店。高級感あふれる店内

これまでご紹介したハワイ限定アイテムの品揃えが豊富なのは、ワイキキのクヒオ通りのスターバックス リザーブ店(Googleマップ)。世界でも希少なコーヒー豆を取り扱い、バリスタが1杯1杯丁寧に淹れるコーヒーをリザーブバーで味わえる特別店です。
 
「HNL(ホノルル)」ロゴ入りリザーブ店限定タンブラー

「HNL(ホノルル)」ロゴ入りリザーブ店限定タンブラー

こちらには、リザーブ店でなければ販売していないハワイ限定のタンブラーやマグカップ等があるのでお見逃しなく。2019年に登場したのは、ホノルルの地名「HNL」と緯度経度が入ったタンブラー(29.95ドル)とマグカップ(14.95ドル)。日本を含む世界のリザーブ店で展開しているご当地シリーズで、もろちん、ハワイデザインは、ワイキキのリザーブ店でなければ購入できません。
 
こちらはリザーブ店限定マグカップ

こちらはリザーブ店限定マグカップ

どちらも男性にウケの良いシンプルでカッコいいデザイン。大人気のタンブラーは、度々品切れになっているので、見つけたら即購入を。
 

コレクションしたいハワイ柄のスタバカード

2017年に購入したハワイ限定カード

2017年に購入したハワイ限定カード

日本で使用することはできませんが、毎年新しいデザインが登場するハワイ限定柄のスタバカードも旅の記念に集めると楽しいアイテムです。日本と同様にプラスティックカード代は無料で、発行時のチャージは5ドルから。
 

ハワイ限定メニュー、モカ・ココナッツ・フラペチーノ

ハワイ限定ドリンク、モカ・ココナッツ・フラペチーノ

ハワイ限定ドリンク、モカ・ココナッツ・フラペチーノ

ハワイ限定アイテムだけではなく、ハワイ店舗限定メニューにもトライ。コーヒーのフラペチーノにココナッツシロップとココナッツフレークをプラスしたモカ・ココナッツ・フラペチーノは、ココナッツの風味がとってもトロピカル。甘さがショッピング等で疲れた体を癒してくれますよ。
 

とってもキュートなピンクドリンク、バイオレットドリンクも!

ストロベリー・アサイー・リフレッシャー(右)をカスタマイズしたピンクドリンク(左)

ストロベリー・アサイー・リフレッシャー(右)をカスタマイズしたピンクドリンク(左)

焙煎前のグリーンコーヒーから抽出したカフェインが入ったアメリカ限定のリフレッシャーも要チェック。 白ぶどうジュースにブラックベリーをシェイクしたベリー・ベリー・ハイビスカス・リフレッシャー。パッションフルーツとアサイーのジュースにイチゴをミックスしたストロベリー・アサイー・リフレッシャー。そして、ドラゴンフルーツの果実も入ったマンゴー・ドラゴンフルーツ・リフレッシャー

さらに、これらのリフレッシャーをココナッツミルクでカスタマイズしたピンクドリンクバイオレットドリンク、ドラゴンドリンクは、色が可愛いとSNSで大人気。ピンクドリンクなどそのままの名前でオーダー出来ますよ!
 

帰国直前でも購入できる!  空港内のスターバックスヘ

出国審査後のメインターミナル中央にあるスターバックス。限定アイテムの品揃えも良い

出国審査後のメインターミナル中央にあるスターバックス。限定アイテムの品揃えも良い

ハワイのあちらこちらで見かけるスターバックスですが、短い滞在時間の中でなかなか立ち寄れなかったり、限定アイテムの品揃えが良くない店舗もあるでしょう。そんな時は、帰国直前、ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)内のスターバックスへ。
 
ダニエル・K・イノウエ空港の出発でもピンクドリンク

ダニエル・K・イノウエ空港の出発でもピンクドリンク

出国審査後のメインターミナルに3軒。さらに搭乗口手前のコンコース(ダイヤモンドヘッドコンコース、セントラルコンコース、エヴァコンコース)にも1軒ずつあり、ハワイ限定アイテムが並んでいます。空港価格で多少高めですが、ハワイ限定アイテムの品揃えが良く、ハワイ限定ドリンクも販売。搭乗までの時間を使ってゆっくりチェックできますよ。


<DATA>
Starbucks Coffee(スターバックスコーヒー)
住所:ロイヤル・ハワイアン・センター店、アウトリガー・リーフ店、パークショア・ホテル店、ヒルトン カリアタワー店ほか

Starbucks Reserve Coffee Bar(スターバックス リザーブ コーヒーバー)
住所:2255 Kuhio Ave. ハイアット・セントリック・ワイキキビーチ1階(Googleマップ
TEL:808-284-0278
営業時間:4:30~23:00

【関連記事】 保存保存
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。