あらゆる情報を記録できる無料のデジタルノート

マイクロソフトのOneNote(ワンノート)というソフトを知っていますか? WordやExcelほど有名ではありませんが、れっきとしたOfficeファミリーの一員で、すでに10年以上の歴史を持つソフトです。

WordやExcelが情報を加工して文書を作ったり、データを入力して分析したりするソフトなのに対し、OneNoteは情報を集めるソフトです。マイクロソフトは、OneNoteのことを「デジタルノート」と呼んでいますが、まさに現実のノートのように何でも自由に書き込んで記録できるのが、OneNoteの最大のウリです。

次はOneNoteの画面です。文字、画像、図形、表、手書き文字など、さまざまな情報が自由な位置に書き込まれているのがわかると思います。

OneNoteの画面。文字、画像、図形、表、手書き文字など、さまざまな情報を自由な位置に書き込んで管理できます

OneNoteの画面。文字、画像、図形、表、手書き文字など、さまざまな情報を自由な位置に書き込んで管理できます


じつは、マイクロソフトは2014年3月にOneNoteを無償化しました。この結果、Windows版だけでなく、Mac版、iOS版、Android版などのOneNoteを無料でインストールし、利用できます。本記事で説明するWindows版のOneNoteは、以下からダウンロードできます。

Windows版OneNote(無料版)

Mac版などのその他のバージョンも、こちらのページからダウンロードできますので、手持ちの端末に入れておくと便利です。

なお、利用するには、Microsoftアカウントが必要です。また、厳密にいうと、無料版では一部の機能が制限されています。すべての機能を利用するには、Office 365などの有料サービス・製品を購入する必要がありますが、一般的な使い方をするかぎり、無料版でもほとんど問題ありません。

学生さんなら講義メモやレポートの資料集め、ビジネスマンなら会議の議事録や備忘録、メモ作成など、活用範囲はとても広いと思います。何より無料ですから、ぜひインストールして活用してください。

次はOneNoteの2つの特徴について説明します