OneNoteの特徴は2つ! 自由な位置に入力できることと、情報が自動保存されること

さまざまな情報を登録・管理できるOneNoteには、次の2つの特徴があります。
  • 自由な位置に情報を入力できる
  • すべての情報は自動的に保存される
OneNoteでは、情報を好きな位置に登録できます。好きな位置をクリックすれば、その位置に文字を入力できます。画像や図形も同じです。Wordのように上から下に入力する必要はありませんし、Excelのようにセルに入力する必要もありません。

もう1つの特徴は、入力した情報がすべて自動的に保存されることです。保存先はマイクロソフトのクラウドストレージであるOneDriveです。このため、OneNoteには「ファイル」という概念がなく、ファイルを保存する機能もありません。

OneNoteを利用していると、わざわざ保存の操作をしなくても、情報がどんどんたまっていきます。情報がクラウド(OneDrive)に保存されるので、パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットでOneNoteを起動すると、いつも同じ情報が見られる仕組みになっています。

OneNoteでは、情報を自由な位置に入力できます

OneNoteでは、情報を自由な位置に入力できます


OneNoteでは、すべての情報は自動的にOneDriveに保存されます。WordやExcelのように「上書き保存」や「名前を付けて保存」などのコマンドはありません

OneNoteでは、すべての情報は自動的にOneDriveに保存されます。WordやExcelのように「上書き保存」や「名前を付けて保存」などのコマンドはありません


OneNoteで情報を管理する3つの単位について説明します