人は違和感のある対象に遭遇すると、その不自然さから不安を感じ、本能的に避けようとします。その対象が女性であっても同じことが起こります。「なんか妙だ」「どこかおかしい気がする」といった違和感のある「不自然な女性」は恋愛対象になりにくいものです。それは一体、どういった「不自然さ」なのか、具体的に見ていきましょう。

不自然な「アイメイク」

つけまつげを付ける女性

「不自然なメイク」は男性に恐怖感を与える!?

「つけまつげ」や「まつげエクステンション」などといったまつ毛を長く盛るアイテムは、顔立ちに合った盛り方ならいいのですが、明らかに地味な顔立ちにまつ毛だけがバサバサと派手に盛られているのは不自然ですよね。

また、「アイプチ」や「アイテープ」などで無理矢理作った二重まぶたも近くで見ると何とも言えない違和感があります。その上、時間が経ってメイクが崩れてきたときに、目の形までもが崩れてくると大変です。

そんなとき、女性からしたら、「メイク直ししなくちゃ」と焦るくらいかもしれませんが、メイクに詳しくない男性からしたら「顔が変わってる! どうしたんだ!?」といった衝撃を受けかねません。

何事もバランスが大切ですから、顔に合っていれば派手なメイクも映えるでしょうが、そうでなければ不自然な印象を与えるだけです。女性が思うほど、男性は派手な顔を好んではいません。自分のチャームポイントを活かしたメイクを研究しましょう。

不自然な「動作」

視線がキョロキョロと定まらなかったり、貧乏ゆすりをしていたり、爪を噛んでいたり、話すたびに口元がゆがんだり、ふとしたときに目を見開く癖があったりといった「動作」も、ちょっとしたことではありますが、やはり不自然であり、相手に違和感を与えてしまいます。

これらの動作は、本人は無意識の場合もあるかもしれませんが、人によっては違和感どころか不快にさえ感じてしまうこともあります。そうなると、当然ですが、彼女候補から外れてしまいます。

人は、「一緒にいて落ち着く人」や「安心できる人」を好むものです。恋のチャンスをものにするためにも、たとえ無意識であろうと他人に不快な思いをさせることは極力避けたいものですよね。

>>次のページでは、不自然な「ブリッコ」や「ヨイショ」についてお話しいたします。