加速は豪快。大きなハコがばく進する

キャデラックエスカレード

路面状況にすばやく反応する磁性流体減衰力制御システム、マグネテック・セレクト・ライドコントロールを標準装備。4WDシステムは2WD/4WD/オートセッティングが選択可能

1月中旬。デトロイトの気温は、マイナス10度以下。極寒のなか受け取ったホワイト・ダイアモンド・トリコートのエスカレードはMY15のプレミアムだったが、エンブレムは古かった。
キャデラックエスカレード

自動でLEDライトが足元を照らしてくれるアシストステップをプラチナムに装着

日本仕様ではプラチナムに装備されるパワーステップがオプション装備されていた。そのステップを使っても、運転席に“よじのぼる”という感覚は変わらない。思わず、“よっこらしょ”が口をついて出る。
キャデラックエスカレード

他モデル同様、スマートフォンのように操作できる8インチディスプレイを備えた操作システム(CUE)を採用

インテリアの雰囲気は、旧型に比べて、いっそうラグジュアリーに。ダッシュボードに限っては、はっきりと最新のキャデラックモードにまとめられている。それはもう、違和感を覚えるくらいに。

積雪アリ、ところどころアイスバーン。スノータイアを履いたエスカレードでがんがん走った。22インチタイヤ&ホイールを履いているせいか、ときおりゴツゴツとした乗り心地になる。でかくて薄くて硬くて丸いものが転がっているのが、よくわかった。

それでも、旧型より随分と平滑なライドフィールになったと思わせてくれたのは、ひとえに、マグネティックライド(磁性流体減衰力制御)の恩恵だ。

加速は相変わらず、豪快。大きなハコがばく進する感じは、旧型と同様だ。けれども、ハコそのものが、随分しっかりとした印象で、安心して踏んでいけるのが新型の特徴だ。トラックシャシーゆえ、上屋のハコの分離感が強調されるのは致し方ないが、以前に比べ引き締まった印象があるのは事実なので、ドライブもラク。

新しいダンピング制御としっかりとしたボディ(とはいえ、モノコックボディほどではないわけだが)は、当然、ハンドリングにも好影響を与えている。フロントアクスルが以前よりも、はるかにまともなレスポンスをみせてくれるのだ。もっとも、これだけの巨体である。ある程度の“ため”を予想しながら、リズムよく操縦することが、スムースにドライブするコツである。
キャデラックエスカレード

衝突被害軽減ブレーキ、衝突事前対応ブレーキをはじめ安全装備も充実。全車速追従機能も備わる

何もかもが広大なアメリカ。でかいエスカレードでも、日本でM・ベンツGLAクラスに乗っている、くらいに思える。アメリカに住んでいれば、たしかに最も安心してドライブできるクルマ、それがこのサイズの巨大SUVというわけだろう。

キャデラックエスカレード

運転席は各種警告機能が働くとクッションの一部が振動するセーフティアラート機能を装備。運転席と助手席の間に展開するフロントセンターエアバッグも採用する

キャデラックエスカレード

シートは深いシェイプで快適性を向上。2列目は独立式となりリクライニングッ機能も備わった

キャデラックエスカレード

3列目シートはパワーフォールディング機能を備え、シートアレンジを楽に


日本ではそのサイズからして、最上級の、そして値段以上のステータスを発揮するに違いない。ヨーロッパ製高級セダンなど、しがにもかけない存在感であるからだ。アメリカ発ゴージャスのコストパフォーマンスは、サイコーだと思う。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。