【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
春は出会いの季節。新年度に切り替わることもあって、「この春こそは新しい出会いを!」「夏に向けて素敵な恋愛をしたい!」と思っている女性も少なくないことでしょう。私の結婚相談所にも、新しい出会いに胸をふくらませて来てくださる魅力的な女性が増える時期でもあります。

カップル

そろそろ本気の恋をしたい

ところで、みなさんは、真剣に恋愛をはじめようと思ったとき、どれだけの選択肢があるか正しく把握していますか? 

「自然な流れで出会いたい」というふんわりとした理想を掲げているのもいいけれど、現実をしっかりと知っておくことは大人の女性にとってはとても大事なこと。そこで今回は、今どきの「大人の男女の出会い方」の代表的な5つの方法について、その特徴などを説明したいと思います。「出会いがない」「自分にピッタリの出会い方がわからない」という人は、これを読んでぜひ「これだ!」と思う方法に挑戦してみましょう。

出会いのある場所その1:「結婚相談所」

仲人やカウンセラーなど、専門の人が間に入って、結婚を希望する男女の相談に乗りつつ、ふさわしいお相手を見つけて紹介してもらえるシステムがあるのが結婚相談所の役割です。

仲人やカウンセラーが相談者のプロフィールを見たり、条件をヒアリングしたりしながら相手を探すケースと、相談者が結婚相談所で登録している会員情報を検索して自分で探すケースの2種類があります。

自己アピールが苦手な人や、誰かに背中を押してほしい人にはピッタリの方法。プロのアドバイスのもと、希望に合った出会いのセッティングをしてもらいましょう。

出会いのある場所その2:「結婚情報サービス」

登録をして会員になった人に情報を提供するサービスがメインのデータマッチング型の婚活が結婚情報サービスのおもな役割です。

自分のプロフィールや相手に希望する条件を伝え、お見合いをセッティングしてもらうのが一般的でしょう。結婚相談所と異なるのは、仲人がいなかったりカウンセラーのサポートが手厚いところが少ない点にあります。

自分から行動していくことで進むため、積極的に婚活をしたい人にはおすすめ。相手の収入や身長など、条件面できっちりと折り合いをつけたい人にも向いているでしょう。

出会いのある場所その3:「婚活アプリ・サイトなど」

婚活系のアプリやサイト、SNSなど、いわゆる「ネット婚」もあります。結婚情報サービスと異なるのは、登録会社に行かなくても、どこにいてもその場で婚活ができる点です。登録するには身分証明書などが必要なところも少なくありません。

メールでのコミュニケーションに慣れている人や、気軽に婚活をはじめたい人にはおすすめです。入会金が不要なところもあるので、お手軽なイメージがある反面、自己判断が求められる局面も多いので的確な判断力も求められます。

>>次のページでは、まだある今どきの出会いの場をご紹介します!