そもそも物理的なポートが不要になる?

前述したように、アップルは定期的に古いインターフェースを排除します。今回、アップルが排除したのがパソコンには当たり前に搭載されていた、電源、複数のUSBポート、ディスプレイ類のポートです。
 
その代わりに採用したのがUSB 3.1に対応するType-Cポート。このType-Cポートがあれば電源供給、各種インターフェース、ディスプレイ出力が利用できます。しかしポートが1つしか無いので、充電しながら他の機器を使用する場合、充電できなくなるか複数の機器を使えるようにするアダプタを利用するしかありません。
 
USB Type-C

裏表が無く小型のUSB Type-C


現在ノートパソコンを使っている方は、電源に加えて機器をUSBポートに刺せるだけ接続している方も多いと思います。これからも同じように使用したい方は、ポートが無ければ使い物にならないと思うでしょう。

しかし、タブレットやスマートフォンで周辺機器をじゃらじゃら接続して使っていないように、パソコン自体に複数のポートを用意するのは古い使い方になりつつあります。
 
ディスプレイ出力は以前から必須と言われていますが、Type-Cポートからのディスプレイ出力が可能のため、専用の端子が不要になっています。さらに、Wi-Fi経由での画面転送も普及しつつあり、ディスプレイ専用ポートの必要性はかなり低くなっています。
 
ノートパソコンを選ぶ際に、USBポートが複数ある事を必須条件にしていて、マウス用に右側にUSBポートが必要としている方もいます。Bluetoothマウスを使えば物理的なポートは必要ありませんし、MacBookは使い勝手もいいタッチパッドがあるので、マウス自体がそもそも必要ではありません。

プリンターも、Wi-Fi対応プリンタが増えていますし、デジタルカメラもWi-Fi機能が普及しています。iPhoneやiPadを接続してデータ転送するのもWi-Fi経由で可能で、多くの機器ではWi-FiやBluetoothのようなワイヤレステクノロジーを経由して接続出来ます
 
さらに言えば、唯一残っているヘッドフォン端子もBluetoothがあれば必要ありませんが、なぜこれだけは残しているのか、逆に聞きたいくらいに各種ポート類の必要性はかなり減っています。
 
USB Type-C

USB Type-C対応機器は各社が開発中

 
電源ポートは従来どうしても必要でしたし、MacBookでも充電は必要です。これもUSB 3.1で採用されたPower Delivery 2.0によって100Wまでの電源供給が可能になったことで、専用の電源ポートは不要になってしまいました。

USB 3.1からは、一般的なノートパソコンの充電にUSBポートが利用できるようになります。これによって機種毎の専用充電器は不要になることが予想されています。今後はスマートフォンやタブレット、ノートパソコンの多くでType-Cポートによる充電が普及することになり、充電器がすべての機器で共通して使えるようになる可能性があります。
 
さらに言えば、ワイヤレス充電が普及することで充電自体にケーブルが不要になっていく事も予想できます。

 

古いものを捨てる「割り切り」が、新しい使い方を生む

MacBookでは充電にケーブルが必要になったとしても、ワイヤレスでほとんどの機能を利用できるので、ポートが1つだけでも困ることはほとんど無いでしょう。
もちろん、実際にそうするにはユーザー側にもある程度の割り切りや、使い方の変更が必要になる部分もあります。一般的なパソコンメーカーの多くは、そこまでの割り切りは出来ずに、複数のポートをユーザーが実際に必要ないと思うくらいまで搭載し続ける事が多いです。
 
アップルの場合、今使われていても、今後無くなり、新しい使われ方に移行すると考える物は、ユーザーがいたとしても比較的早いタイミングで、新機種に合わせてばっさり切り捨てます。
 
フロッピーディスクや光学ドライブが切り捨てられたときも、無くなったら困ると主張していた方は多かったです。この急激な方針転換によって、ユーザーがそれに従うしか無くなる面もありますが、新しい利用方法が普及するきっかけになっているのは確かです。
 
今回の1つだけのType-Cポートによって、新しい使い方が普及し、パソコン自体のデザインはもちろん、使われ方がよりスタイリッシュになっていくきっかけになる可能性があります。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。