超人気店!激ウマ濃厚ジェラートといえば「ジョリッティ」

giolitti

いつも混んでいるローマの超人気ジェラテリア・ジオリッティ (c)Ewa Kawamura


cassa

ジェラートカウンターへ行く前には、まず入り口付近のレジで前払いしレシートをもらいます(※例外的に空いている時間帯での撮影) (c)Ewa Kawamura

もはやローマ観光では欠かせないスポットとなっている美味しすぎるジェラート屋さんといえば、やはりジョリッティ(Giolitti)でしょう。ここではローマはおろかイタリアで一二位を争う美味しいジェラートが楽しめます。ジェラート屋さんとして有名ですが、焼き菓子やモンブランなどの生菓子も扱うパスティッチェリア(お菓子屋さん)でもあり、立ち飲みカフェもできるバールもあり、座ってくつろげるティールームもあります。パンテオンから歩いて3分、コロンナ広場から徒歩2分といった旧市街の心臓部にあるので、観光のついでに簡単に寄れるすごく便利な立地です。歴史も古く、創業は1890年にジュゼッペ・ジョリッティの開いた乳製品店に遡るそうです。

フレーバーの種類の豊富さもすごい!

gelati

どれにしようか迷ってしまうフレーバーの豊富さ! (c)Ewa Kawamura


gelati berry

フルーツ、ベリーも種類が豊富です! (c)Ewa Kawamura

フレーバーの種類の多さも人気の秘密です。しかも全部美味しくて全くはずれナシというのがまたすごいのです。毎回同じものがあるとは限りませんが、先日陳列されていたフレーバーを書き出してみますと、こんなラインナップでした。ヴァニラ、ホワイトクリーム、クリーム、ヨーグルト、ザバイヨーネクリーム、ティラミス、チョコレート、ホワイトチョコ、ヌガー、コーヒー、キャラメル、ピスタチオ、ヘーゼルナッツ、クルミ、カッサータ(シチリア菓子)、お米、ストラッチャテッラ(チョコチップ)、シャンパン、サロンノのアマレット(アーモンド味のクッキー)。

gelato riso

ガイド一押しのお米味のジェラート (c)Ewa Kawamura

フルーツ味では、アマレーナ(ブラック・チェリー)、ココナッツ、イチゴ、ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリー、ミックス・ベリー、ピンクグレープフルーツ、レモン、オレンジ、マンダリンオレンジ、メロン(カンタルーポというオレンジのメロン)、ホワイトメロン、マンゴ、フィーキディンディア(サボテンの実)、ミント、バナナ、リンゴ、ダッテリ(ヤシの実)、キャラメルと無花果、マロングラッセ。どれもここならではの味でとても美味しいですが、ガイドのおすすめは、お米のジェラートです。ほどよい数の粒の食感も良く、本当に絶品です! なおクリーム系では、ヘップバーン主演映画にちなんだ「ローマの休日(Vacanze Romane)」や「イタリア・オペラ」という名のオリジナルブレンドの味もありますよ。

そんな超人気店を攻略する裏ワザ!

banco gelato

ジョリッティ店内奥にあるジェラートカウンター(※最も空いている時間帯での撮影) (c)Ewa Kawamaura


giolitti2

夜のジョリッティの玄関前 (c)Ewa Kawamura

昼間は絶え間なくあまりにすごい混雑ぶりなので、みんながあまりジェラートを食べ(たく)ない時間帯を狙うとよいでしょう。ツーリストが夕飯に行く前の時間帯、19時頃が穴場です。値段は、最も小さいサイズ(2種類の味が選べ、生クリームのトッピング無料)で2.5ユーロですが、日本人にとってはまるで大盛りサイズみたいで、もうそれで大満足できます。昼間は大混雑といっても、着席スペースは立ち食いの2.5~3倍ほどの金額になるため、いつも結構空いています。着席してオーダーしたものは、もっと大きいガラスの器(一番小さいので、立ち食い小サイズの倍ぐらいの量があり、フレーバーも3種類ほど選べます)でサーブしてくれますし、なによりもあの長蛇の列に並ばずに済みますので、時間を節約して旅の疲れも癒せ、考え方によってはそのほうがお得ともいえるでしょう。ヘップバーンさながらに、おいしいジェラートをぜひ頬ばってみてください。

<DATA>
Giolitti(ジョリッティ)
住所:via Uffici del Vicario 40, Roma
TEL:+39 06 6991243
営業時間: 午前7時から深夜1時半まで(年中無休)
フェイスブックには最新情報も

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。