ホットプレートの収納場所・収納方法はどうしたらよい?

ホットプレートの収納は、意外と困りもの

ホットプレートの収納は、意外と困りもの

ホットプレートを使いたいけれど、収納場所が見つからない。出したら出したでしまうのが億劫になる。そんな方も多いのでは? 厄介者扱いされているホットプレートですが、実はレシピが豊富にあり、時短にも役立つ優れもの。収納問題が解決できたら、もっと活用できるはず。

そこで今回は、「RoomClip」掲載の実例と、これまで取材した家庭のホットプレート収納法をご紹介します。
 

キッチン収納の一角に優先席をつくる

ホットプレートは、調理道具の1つ。調理器具として収納するなら、収納場所の最有力候補は、やはりキッチンです。

とはいえ、鍋やボウルがあって、すでに収納はめいっぱいというケースがほとんどでしょう。でも、ホットプレートを使う回数が多い場合や、これからもっと活用したい場合は、優先的に場所を確保しておきたいところです。

■ホットプレート収納アイデア1:流しやレンジの下にしまう
キッチンにホットプレート収納

引き出し式の衣装ケースを使えば、重たくても軽々と出し入れできる

たとえば、流しやレンジの下はいかがでしょう。鍋やフライパンの数を減らしても、価値のあるホットプレート。むしろ、料理のレパートリーが増えそうです。上の写真のように、引き出し式の衣装ケースに入れてからしまうという方法もあります。

■ホットプレート収納アイデア2:ダイニングの収納や食器棚を整理して置き場を作る
パントリーにホットプレート収納

ホームベーカリーなど調理家電と一緒に収納

ホットプレートの収納実例

家電ラックの下にできた隙間を上手に活用した実例(出典:RoomClip「ホットプレート/無印良品/DIY/手作り/オーブンレンジ/板壁…などのインテリア実例 - Sayakaの部屋 -」

食器棚やダイニングにある収納。そこの中を整理することで、置き場が作れるかもしれません。すぐに使えるように、付属品も一緒に棚にしまっておけると便利です。

■ホットプレート収納アイデア3:吊り戸棚にしまう
吊戸棚収納

キッチンには踏み台が必須

普段はあまり使わないけれど、誕生会やクリスマスなどイベントのときに使うという家庭なら、吊り戸棚にしまってもいいでしょう。その際は箱に入れておくと、出し入れしやすくなります。冷蔵庫の上を利用するのも手です。
 

ホットプレートを「見せる収納」で日々活用!

最近のホットプレートは、取っ手がついていて持ち運びのできるものもあります。また、卓上で使うときに、お洒落に見えるデザインのものもあり、これまでのガッチリとした外観イメージとは違ってきました。

■ホットプレート収納アイデア4:インテリアの一部として、あえてしまわずに飾る
ホットプレート収納実例

パッと見、ホットプレートだと気づかない! ホワイトで統一したインテリアになじませた実例(出典:RoomClip「salut!/うつくしまナチュラル愛好会?/セリア/ナチュラル/棚…などのインテリア実例 - asami.の部屋 -」

ホットプレート収納実例

鍋とお揃いのレッドでキッチンスペースにアクセントに(出典:RoomClip「ルクルーゼ /BRUNO/212kitchen/キッチンのインテリア実例 - kamasayachanの部屋 -」

 

ホットプレートは使う場所の近くに収納

ホットプレートは焼くだけではなく、炒めたり、蒸したり、炊いたりと、そのレシピは多彩。朝食から夕食まで日常の活用度が上がっています。よく使っている家庭では、食卓の近くにホットプレートをしまうのも手です。

■ホットプレート収納アイデア5:食卓の近くに、収納場所を作る
ホットプレートの収納実例

ソファの後ろに、思いきって収納棚をDIYした実例。ホットプレートを縦入れ収納しており、すぐ取り出せそう(出典:RoomClip「コンセント/DIY/ホットプレート/ソファーの後ろ/収納/棚…などのインテリア実例 - aggomark-zの部屋 -」

もうどこにも置けないという家庭では、玄関の下駄箱や押し入れ、納戸といった場所に収納している家庭もあります。ただし、衛生面を考慮すると、その選択は最終手段。出番がなくならないように、頻繁に使ってしっかりと手入れをしたいところです。

使う頻度が極端に落ちてしまったら、処分を考えましょう。そこには別のモノがしまえるようになります。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。