ダウンロードスターターはフォロワーを作るか?

パズドラZの図

モバイル端末向けゲームのコンシューマー版では、「パズル&ドラゴンズ」のニンテンドー3DS版「パズドラZ」が大きな成功例として思いつきます。(イラスト 橋本モチチ)

テラバトルは現在170万ダウンロードを達成、200万ダウンロードを達成するとコンシューマー版の開発が開始されます。コンシューマー版が発売されると、さらに多くの人の目に触れる形となり、さらに盛り上がっていくことが予想されます。

順調に進むテラバトルですが、ダウンロードスターターという手法に注目すると、テラバトルの成功だけでなく、フォロワーが現れるかということがとても重要になります。テラバトルがダウンロードスターターでうまくやったから、我々も真似をして小さく始めて大きく育てよう、というところがたくさん現れると、ゲーム業界に大きな変化をもたらしますよね。スタートの規模が小さいということは、新しい提案を始めやすいということでもあります。

小さく始めたと言っても、そこにはファイナルファンタジーシリーズの生みの親、坂口博信氏というビッグネームがあるわけで、ダウンロードスターターという手法の面白さも含めて、話題性は最初からありました。簡単に形だけ真似をしても、「小さく始めて埋もれてしまう」という懸念もあります。

それでも、テラバトルの運営手法は、モバイル端末向けゲームの可能性を示唆しています。ユーザーを巻き込み、ゲームが育っていく喜びを分かち合い、小さく始めて大きく育てる、そういうやり方にチャレンジするフォロワーが増えると、今までにない、新しいゲームが生まれやすい土壌が保たれ、ゲームはもっと面白くなるかもしれません。

【関連記事】
ケンタウロスの脚とゲームの戦略(AllAboutゲーム業界ニュース)
ガチャに効くカンタンな確率と経済学(AllAboutゲーム業界ニュース)
LINEに学ぶ、やる気が出るハイスコアランキング(AllAboutゲーム業界ニュース)

【関連記事】
田下広夢の記事にはできない。(ゲーム業界ニュースガイド個人運営サイト)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。