メイクテクニックのなかでも、苦手な人が多いチーク。濃淡具合や入れ方がうまくきまらず、イマイチ効果がわからない...という人も少なくありません。

そんな“チーク初心者”のあなたにおすすめしたいのが、マキアージュとプレディアから発売されている新作です。

ドーム型スポンジが特長の2ブランド

ドーム型スポンジが特長の2ブランド


これらの新作チークをおすすめしたい理由は2つ。1.小さいドーム型スポンジなので、狙ったところに確実に色をのせられる、2.それぞれ美容オイルを配合したパウダーなので、粉っぽさ、白っぽさがなく、頬にしっとりとなじむから、というのが理由です。

そもそもチークが苦手な人に多いのが、頬への入れかたやぼかしかたですが、このドーム型形状であれば、頬骨にポンポンとのせるだけで色がオン。

しかも、マキアージュもプレディアも直径1.5~2cmほどのミニサイズなので、色が幅広にのってしまう“おてもやん”にはなりません。

日本人女性のチークで多い失敗が、“自分ではチークを入れたつもりだが、他人から見ると、その効果をまったく感じられない”というものですが、プレディアには液状と半固形の油剤を配合したことで、肌にしっとりとした色やツヤが密着。色ノリが軽い、薄い、という物足りなさがありません。

また、マキアージュには、一般のオイルよりも粘性が高いオイルと、パールや色材をネット状に広げるジェルを採用。パウダーなのに、オイルやジェルを“隠し技”として配合したことで、発色やフィット性を大幅に向上させています。

ここ数年、こうした“粉モノ”のメイクアイテムの進化が目覚ましく、チークに限らず、ファンデーションやアイシャドーの仕上がりが俄然美しくなっています。

最新コスメに頼ることで、特別なテクニックがなくても、誰もが簡単に“メイク美人”になれてしまうのです。

■DATA
マキアージュ ドラマティックムードヴェール
全2色 各3,500円(編集部調べ)
/資生堂
*外部サイト
http://www.shiseido.co.jp/mq/index.html

プレディア パフアップ チーク
全4色 各2,500円
/コーセー
*外部サイト
http://www.predia.net/

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。