ベッドは柔らかすぎても硬すぎてもダメ

MAKURA in BED (R)

「MAKURA in BED (R)」は、全く新しいタイプの寝具です

朝起きると首や腰など、あちこちが痛い。グッスリ眠ったつもりなのに、起きたときから体の調子が悪い。寝つくときは気持ちよいのに、こんなことが起こるなんて、不思議ではありませんか?

その原因の多くは、あなたの「睡眠姿勢」にあります。睡眠姿勢とは、眠っているときの姿勢です。寝つくときの姿勢は、自分で決められます。しかし、寝ついてからの睡眠姿勢は、自分で決められません。睡眠姿勢は、おもに寝具環境の影響を受けます。そのため、睡眠姿勢が正しいどうかは、体をあずけた寝具の状態でほぼ決まるのです。

睡眠姿勢を決める大きな要素が、枕です。枕の良し悪しで、頭や首の姿勢が決まります。しかし、完璧にあった枕を使っていても、寝具の硬さが適切でなければ、枕の力は発揮されません。

腰が沈み込むような敷布団やマットレスの上では、睡眠姿勢がくずれてしまい、正常な寝返りが妨げられてしまいます。逆に、腰が反ってしまうような硬めの敷物では、体に圧迫感が生じたり、寝返りがしにくくなったりします。

神奈川県相模原市で16号整形外科を開業されている山田朱織先生は、整形外科医の立場から正しい枕と睡眠姿勢の普及に努めています。そしてついに、枕と一体になったオーダーメイドのベッド「MAKURA in BED (R)」を開発しました。「MAKURA in BED (R)」は、睡眠姿勢を最重視して作られました。

オーダーメイドのベッドが必要なわけ

山田朱織先生

「MAKURA in BED (R)」は、「整形外科枕」の進化型です

山田朱織先生が開発した「MAKURA in BED (R)」は、それぞれの体型や体格にベッドを合わせることで、よい睡眠姿勢を保つようにするものです。よい睡眠姿勢だと、骨や関節、筋肉がリラックスし、楽に寝返りができます。

自然でスムーズな寝返りは、体液や血液の循環を促し、日中の疲労やいろいろな症状の回復に役立ちます。また、体温調節のためにも大切で、寝床の中の温度や湿度を調整し、部分的な体温の上昇を防いだり、血流を良くして手足が冷えないようにしたりします。

快適な睡眠のために欠かせない寝返りに必要なものが、一人ひとりの体に合ったベッドと枕というわけです。

本当に体にあったベッドは人それぞれ違う

診断士

「MAKURA in BED (R)」は、専門の診断士が計測します

枕やベッドを、デザインや好みで選んでいませんか? 寝具は本来、体形や体格に合わせて選ぶべきものです。

「MAKURA in BED (R)」は、マットレスを縦4つ×横3つの12ブロックに分け、それぞれに9種類の硬さのコイルユニットを組み合わせます。

それは、このベッドを使う人の理想的な睡眠姿勢を実現するためです。そのために、一人あたり約2時間もかけて個別に計測し、ていねいにコイルの硬さと枕の高さを決めていきます。

寝具は、体形が変化したり歳をとったりすると、それに応じた調整が必要です。「MAKURA in BED (R)」では、体形変化や加齢に応じたメンテナンスができるように、レンタル制度をとっています。体格・体重の変化や症状に合わせて、そのたびに相談できるので、ずっと安心して使えます。いつでも快適に眠れるよう、睡眠姿勢を見守り続けていく仕組みになっています。

「MAKURA in BED (R)」の計測を、体験することもできます。他のベッドに比べて安くはない商品ですから、どんな計測をするのか、どんな寝心地なのか、試してから購入するのがよいと思います。


■「MAKURA in BED (R)」の詳細
初期費用
・シングルサイズ: 140,000円(税別)
・セミダブルサイズ: 160,000円(税別)
月額費用
・スタンダードサポートコース: 5,450円(税別)
・プレミアムサポートコース: 14,800円(税別)
ベッドレンタル料、枕レンタル料、サポート費用、サポート交換部品料金などを含む
プレミアムサポートコースには、出張サポート費用も含む
購入方法:  山田朱織枕研究所(神奈川県相模原市)で「MAKURA in BED (R)」診断士が計測後、自宅へ配送
販売・サポートエリア: 東京都、神奈川県(島しょ部を除く)のみ
販売:  山田朱織枕研究所

【関連サイト】
大人気! 整形外科医が開発した寝返り重視の快眠枕
腰痛や肩こりを軽くできる快眠シート「Dr. すべ~る」
保温効果に大きな違いが? 正しい毛布の使い方


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で睡眠用品を見る

Amazonで睡眠グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項