洋服が大好きで個性派のGさん。お気に入りの服がたくさんあって、自分なりに収納しているけれど、クローゼットが「魔窟!」と言います。もっと服が選びやすい収納法はない?今困っていることを解決するために片付け始めました。


手順1:引き出しの中身を出して仕分けする

寝室のベッド脇にある備え付けのクローゼット。たっぷりしていて余裕のスペースがあり、魔窟にはなっていません。ただ、「上の棚はどう使ったらいいのかしら?」というGさん。現在は引き出しケースを置いていますが、あまり活用できていないようです。
片付かないクローゼット収納

収納用品を駆使してしまっている。満杯な所がある一方でスカスカな所も

一方、下段にある引き出しケースの中は、ほぼ満杯状態。そこで、まずは左端にある引き出しケースの中身を出して、手持ち服を確認することからスタートしました。引き出しは小さいのに、「こんなに出てきた!」「この服がここにあった!」とGさんはつぶやきます。
ゴスロリ系アイテム

紙袋に入れてある服、タグ付きの新品、装飾的でたたみにくい服などがある

そして立て続けに、こんなコメントを連発。「これ、学生のときの」、「営業職のときの」、「これは、もらった」、「フリマで100円だった」、「お盆と新年に服が増える!」(セールがあるから)、「買ったけれど着ていない。バチが当たる」など。着ないものは、この際だから手放してみては?という声に動じることなく、Gさんは一着ずつ確認中。ひと通りたたみ直したところで、次の作業へと進みます。


手順2:何別に分けると選びやすいかを考える

トップスだけでも100点近くあるのでは?そして、その種類も様々です。服を選ぶときには、どんなふうにしているのでしょう。キャミソールかカットソーといった種類で、コットンかウールかという素材で、仕事用かプライベートかというシーンなど、分かりやすくまとめる基準を考えてもらいました。
たたんだ服は引き出しケース収納

ツートーンはどうする?色分けに迷う服はGさんジャッジで分類

「好きなテイストがゴスロリで、お気に入りのブラドがある」というGさん。セレクトショップのように、ブランドでまとめるという手はありますが、服選びとブランドが直結していないようです。では好きな色は?と尋ねると、「白、紫、赤。これからはターコイズ」とのこと。そこでGさんの「色別はテンションが上がる!」という即決のもと、黒、グレイ、赤、紫、寒色系に分けて引き出しに戻すことに決まりました。

次はいよいよ、上段にあるケースの活用へと進んでいきます。