クールで落ち着いて見える憧れのシニヨンヘアをくるりんぱアレンジで!

清潔感があり、大人っぽくも優しい雰囲気のシニヨンアレンジをご紹介します。大人の女性の魅力を引き出すクールなヘアアレンジは、後輩たちの憧れの的に! シニヨンは自分には難しい……という人も、くるりんぱアレンジがベースなら大丈夫。こなれ感のある、ちょっと大人な甘辛テイストに仕上げましょう。

大人カッコいいシニヨンヘアアレンジ

hair make TOMO


ベースのスタイル 

鎖骨下セミロングのカールウェーブスタイル

鎖骨下セミロングのカールウェーブ

鎖骨下セミロング
カールウェーブ
8トーンアッシュブラウン


似合うスタイル 

顔型  たまご ベース 
髪質  すべてOK
髪量  すべてOK
クセ  すべてOK

 


ヘアアレンジの方法・やり方

根元から10cmほどはなした部分をゴムで結ぶ

あつめた毛束は持ち上げたりせず、落ちる位置で結びます

1.手ぐしで全体の毛束を後ろに集めます。
襟足の毛束の根元から10cmほど離れたところを、ゴムで結びます。(首のあたり)

レイヤースタイルの場合、表面の毛束が短くて落ちてくる可能性があります。ワックスなどをベースで付け、後れ毛のないようにしましょう。

 


根元の部分の真ん中部分に2本の指を入れる

毛束を通すとき、細かい毛がからみやすいのでしっかり穴を作りましょう

2.根元の真ん中部分に穴をつくり、下から指を2本いれます。そして、その指で毛束の毛先をつかみ、外側から穴にくぐらせます。

 

あ

ゴムの位置が根元から離れていないと、穴に毛束を入れるのが難しくなります

3.くるっと毛束を穴に通します 。毛先だけではなく、ゴムの部分を含めた根元付近まで穴の中に入れこみます。

 

4.
ねじりのある1つ結びができあがる

これだけでもゆるめアレンジで可愛いですね☆

くるりんぱができた状態がこちら。毛束を通すことで、自然にねじりのある1つ結びができあがります。

 

ゴムをしっかり締めます

ここまでが『くるりんぱ』の行程です

5.毛束を2つに割り、ギュッとゴムを締めます。これにより、さらにねじりが強くなり、たるんでいた耳周りの毛束も締まります。

 


毛先の束をねじります

毛束を外から内にねじりまとめます

6.垂れている毛束をしっかりねじり、1つにまとめます。長さによっては、からみにくくまとまりにくい場合があるので、そのときは、逆毛を立てたりワックスを付け毛束をまとめやすくします。

 

そのままねじり上げます

片方の手で根元をおさえ、しっかり巻きつけます

7.その毛束を、くるっとねじり上げ、根元のゴムに巻きつけます。

 


毛先の部分をピンでしっかり固定する

2~3本のピンでしっかり固定します

8.巻きつけた毛先の部分をシニヨンの中に入れこみ
ピンで固定します。このとき、ピンが見えないようにシニヨンの中心部分まで入れこみましょう。

 

ほつれにくいように数カ所ピンでとめます

それぞれ中心に向かってUピンをとめるとより固定します

9.シニヨンがくずれないように、でもボリュームがなくならないようにシニヨン部分を3~4カ所Uピンでとめ、形を固定します。

ミディアムやセミロングは中途半端な毛束が出やすいので、この心がけは必須です。

 

ピンで固定する

最後に後頭部の毛束を引きだし形を整えましょう

10.シニヨンのすぐ上にアクセサリーをつけます。バレッタや飾りピンで華やかさを演出しましょう。

 

上手く仕上げるポイント 

きっちりし過ぎないのがポイント

後輩からの憧れの存在に☆

きっちりし過ぎないのがポイント!シニヨンスタイルはかたい印象に見えがちなので少しゆるめの方が、優しい印象になります。甘辛ミックスで大人の余裕も感じます。

 


サイド&バック 

hair make  TOMO

hair make TOMO



hair make  TOMO

hair make TOMO


使用したアクセサリー 

スタイリスト私物

スタイリスト私物

シックな色味のリボン型バレッタ。品のある大人っぽいデザインなので、可愛いすぎず落ち着いた印象に。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。