北陸新幹線の洗面所・トイレはどんな感じ?

旅行で気になるのは、やはりトイレ。北陸新幹線(12両編成)のトイレは、全6ヶ所に設置されています。

とても清潔な印象のトイレ

とても清潔な印象のトイレ


基本的に、共用トイレ、男性用トイレ、女性用トイレ(女性用洗面所含む)、共用洗面所の構成。6ヶ所のうち2ヶ所には、車イス対応多機能トイレが設置されています。

特徴的なのは、洗面所が一体となっている広めの女性用トイレ。JR広報担当の方のお話によると、とても好評だそうです。

洗面所も使い勝手がよさそう

洗面所も使い勝手がよさそう


洗面所、トイレともに、列車内とは思えないほど清潔感があり、快適に使えそうです。

海と山 車窓風景を楽しもう!

目的地に到着するまでも、旅の楽しみのうち。列車の旅なら、車窓風景を楽しまない手はありません。

新規開業の長野~金沢間は、トンネルが多い区間ですが、「長野」から3つ目の「糸魚川(いといがわ)」駅手前から「糸魚川」駅を過ぎてしばらくの間は、右手の車窓に、日本海が見えます。

右手の車窓からは日本海をのぞめます

右手の車窓からは日本海をのぞめます


一方、左手の車窓に広がるのは山の景色。試乗会の日は、美しく冠雪した立山連峰を見ることができました。

左手に広がるのは、山の風景

左手に広がるのは、山の風景


行きと帰りで、座席を海側と山側で変えてみる、なんていう楽しみ方も良いかもしれませんね!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。