春は温度や湿度の上昇で、
皮脂分泌が活発になり、汗もかきやすい

笑顔の女性

春肌はゆらぎやすい。だからこそ、基本のケアを。

日に日に気温が高くなり、春を感じる日が多くなっていきます。冬から春にかけての季節の変わり目は、肌にも相当な変化が起こっているのです。

肌がかさかさしてメイクのりが悪いと思えば、逆にベタついてテカリが気になったり……。鏡をのぞけば毛穴汚れや黒ずみ、くすみもひどいかも! 春の肌って、本当にうつろいやすいということを実感しませんか。

このように春の肌のコンディションがすぐれないのは、理由があるのです。それは、ぐんぐん上昇する温度や湿度に呼応するように、皮脂分泌が活発になり、汗もでてくる。そうすると、毛穴に汚れが詰まりやすい状態になり、毛穴の黒ずみやざらつき、くすみといったトラブルが起こりやすくなります。そこにアクネ菌などの細菌が入ると、ニキビや吹き出物といった症状があらわれることも。

お米のチカラでうるおいたっぷりの酵素洗顔!

春は、肌が不安定になり、ゆらぎやすいということを自覚しましょう。その上で大切になるのが、いつものスキンケアを見直すこと。中でも重要となるのが、スキンケアの基本となる、「汚れを落とす=洗顔」です。

そこで、今の時期におすすめしたいのが「酵素洗顔」。酵素とは、タンパク質のひとつで、水がある環境で働きます。身体の中で様々な反応が起こるときには、酵素が関わっているのです。つまり、酵素のおかげで体内の物質が分解・合成・変化することで、生体のバランスが保たれていると言えます。このことから、酵素は肌に付着した古い角質や汚れ、余分な皮脂などをすっきり落とすチカラがあります。

汚れをすっきり落としながらも、しっとりさせるお米由来の保湿成分

い

開封すると中には粉状の洗顔料が入っています。少量の水、もしくはぬるま湯を加えます。

「肌極 はだきわみ つるすべ素肌洗顔料」は、お米由来の保湿成分を配合した酵素洗顔料です。タンパク分解酵素「プロテアーゼ」が古い角質同士を接着させているタンパク質を分解することで、汚れをすっきりと落とします。また、余分な皮脂や毛穴汚れを浮かせて、汚れを吸着する「皮脂クリア成分」によって、毛穴がきれいになるという効果もあります。

肌極のシリーズの特長として挙げられるのが、「お米のチカラ」です。「肌極 はだきわみ つるすべ素肌洗顔料」にも、天然米由来の保湿成分が配合されています。お米を守る役割をしている「米ぬか」から得られる保湿成分で、昔から“ぬか袋”など、肌がつるつる&すべすべになるとして重宝されていました。

取材協力:コーセー